2006.05.06

LISTEN

タワーレコードに行ったら「LISTEN」というDVDがいっぱい並んでいる。
なんだろう?と思いながら、手にすると、
ケージ、ベリオ、クセナキス、クルターク,アペルギス、、、、、
お〜なんか凄いメンバー。ドキュメンタリー作品。興味あるなぁ。。。
これは買わねば。

ちょうどいい、ケージの英語でも聴きながら英語の勉強しましょう!(笑)
でも基本的にフランス語です。これでフランス語の勉強も出来るかも!?
まぁ、字幕つきなので、何の問題もありませんが。

今、観ている最中。
内容よりも、カメラワークのほうに興味がいってしまう。。。

これです。
listen
060506_032008

せっかく買ったのだから、何度も観ればいいね。
クリック→blogランキング

|

2006.04.12

初めての整体!?

首すじがピキッと

やばいなぁ、このままひどくなったらどうしよう!
整形外科に行くべきか、整体に行くべきか?
悩んでいても結論は出ない。
主治医もいないし。
とりあえず、何か行動をすることに。

そして、、、、

友人の紹介で整体に行ってきました。
今まで、マッサージなどはありましたが、本格的なのは初めて。
「首が固まっていて、まっすぐにのびている。
ひやさないように。
それと、リラックスをしないと直らないよ!」

あっ、いつも打楽器の生徒に「リラックスするように!」といっているのに、
私が言われてしまった。。。

そういえば、最近、コンサートや、ライヴの本番のある中に、
ハリーケンアートスタジオのオープンの向けての準備におわれて、
かなり気が休めていなかった。
無事にオープンを迎えて、ワークショップも大成功!?に終ったので、
ちょっと気を休めないとね。
今晩はワインでも飲んで、ゆっくり寝ることにしようかな。

クリックお願いします→blogランキング

|

2006.04.11

チェリビダッケのCD

11枚入りなので、なかなか全部は聞き終わりません。
チェリビダッケの演奏は遅いですし。。。
展覧会の絵もひっぱるひっぱる。

060411_012426

チェリビダッケが芸大に来た時のことを思い出すと懐かしいです。

クリックお願いします!blogランキング

|

2006.03.10

不思議な雑貨屋?

近所にできた雑貨屋さん。
オープン準備にスタイリッシュな棚が並んだ時は、
「おしゃれなショッップが出来るのね!」
と、期待を膨らせましたが、
雑貨が並びオープンして間もなくするとシャッターがしまったまま。
「もう閉店?なんだったの?」と思っていたら、またシャッターが空いた。
しかし、そのスタイリッシュな棚にならんでいるのは、

な、な、なんと 「バナナ!」    

そのほかフルーツばかり。何屋なんだ!?

しかし、雑貨が並んでいた時よりも、お客が入っているような気がする。。。

今後の展開が気になるショップだ。

blogランキング

|

2006.02.27

神奈川県民ホールの開演ベル

神奈川県民ホールの開演ベルは、行われる公演によってヴァージョンが違うそうですが、
最初に方響(鉄琴のような音)で始まり、最後に銅鑼が「ゴーン」と鳴るヴァージョンは
私が演奏しております。作曲は一柳 慧さん。
今日は一柳さんのオペラを観に行ってきましたが、そのオペラの前に私の演奏(開演ベル)が流れ、
なんだか私も一緒にオペラに参加している気分になりました(笑)。

オペラは、規模が大きく、相当な時間をかけて作り上げているので、
この壮大なプロジェクトが2回公演だけなんてもったいないですね。
あまり再演はないようですし。

今作られている創作オペラなどが、作曲家の手を放れ、再演する日が来たら、
どうなるのかな。。。。

遠い将来、今演奏されている現代音楽はクラシックとなって、
スタンダードに演奏されていたら面白いですね。
モーツァルト、ヴェルディ、ワーグナーのように。。。。

クリック→blogランキング

| | Comments (0)

2006.02.07

先端芸術表現科

 大村久美子がタップをやる!というので
芸大美術の先端芸術表現科の終了製作展に行く。

060207_020332_ed
大村久美子は作曲家で、芸大卒業後、ドイツ、フランスと留学し、帰ってきたかと思ったら、
今度は芸大美術の大学院!?。先端芸術表現科というところ。

先端芸術表現科という変わった学部が出来た時もびっくりしましたが、
今度は映像研究科も出来るらしいし、どんどん芸大も変わっていくなぁ。。。
そういえば、横浜キャンパスも出来たんだよね。何学部があるんだろう。。。

久しぶりに芸大のサイトを覗きました。
東京芸術大学 

えっ、なんと学長が宮田先生に。
え〜、たしか良く打楽器科のイベントに飲みにきてくれたあの宮田先生!?
びっくり。。。

話はもどり、
彼女とは昔から(?)友達ですが、といいますか私の先輩!?
ちょっと面白いキャラクター!?で、今回もタップということで、ぶっとんでいます。

どんな作品だったかというと、

タップの音をパソコンに取り込み、その音をフィードバックさせながら作品にしていく
ライブエレクトロニクス。

でも彼女はたしか、タップダンスなんてやっていなかったはず。。。。

後で話を聞いたら、本当はタップダンサーにやってもらうことも考えたそうですが、
なかなかスケジュールもあわなく、自分でやっちゃった!      ですって。

きっと凄い練習をしたんだろうなぁ。。。。  エラい!

これは本番前の久美子。
060205_160552_ed-1


私も少しタップをやっているので、また真剣にやりたくなってきちゃった。

ざっとしか観れませんでしたが、他の作品も、
部屋ごとにその人のアートカラーに染まった空間が出来上がっていて、かなり面白かったです。
時間があったらもっとじっくり観たかった。。。

共感できる作品、共感しにくい作品、
いろいろありましたが、とにかくエネルギーを感じました。

アートにはパワーがなくちゃ!

クリックお願いします→blogランキング

| | Comments (0)

2006.01.06

防音

今までは、大音量の出るものは別の場所(実家スタジオ)でやってきましたが、
今住んでいるマンションでももう少し練習環境を整えたくて悩み中。
今も防音してありますが、もう少しヴァージョンアップしたいと思って、
現在いろいろと調べているところ。

果たして、今住んでいるこのマンションでどれだけのことが出来るか?
それと使用目的はどうするか?

そもそも使用目的は?という質問に答えるのが難しい。

え〜使用目的は、打楽器ですが、マリンバ、小太鼓、ヴィブラフォン、コンガ、時にはゴミ箱も叩きます!?(笑)

職業(打楽器奏者)は何をやっているのか?と聞かれる時も、
いつも答えに悩むのだから、しょうがないか。。。

防音の構造や予算の目安は、「マリンバ・打楽器」と「ドラム」では大分違うみたい。
ドラムでガンガン叩く訳はないと思うけど、
現代音楽の新曲では、時にはハイハットやキック(フットバスドラム)が出てくるし、
そうすると、やっぱりドラム仕様?

今、マンションで防音を強化すべきか、
それともお金を貯めて、一軒家を目指すべきか。。。

クリックお願いします!→blogランキング

| | Comments (0)

2005.12.11

打楽器アンサンブルのすすめ

山梨学院大学の生徒さんが家に遊びにきた。夜中に!(笑)
そしてアンコン(アンサンブルコンテスト)に出演する曲で使用するマレット選びのアドヴァイスをしたり。。。

元気な4人。
pic_0454

コンクール等、音楽に優劣をつけるのはどうかと思うこともあるけど、
何かを目標に向かって頑張るというのはいいこと。
どうせ出演するなら全力を尽くして欲しいですね。

それに、アンサンブルは、一人で練習するよりも、いろいろな刺激を受けることも多いと思うし、
音楽でのコミュニケーションの楽しさも味わうことができるし。

ということで、

みなさん、打楽器アンサンブルをすることをおすすめします!

私も芸大同期の3人で学生時代から
「パーカッショントリオ・ザ・バーズ」というユニットを組み、かなり刺激を受け合ってきましたしね。

バーズのために、曲はいっぱい書きました。Emotionをはじめ、4〜5曲は作曲しましたが、
5人や6人などの編成の打楽器アンサンブルの作曲はしていなかったかな?
そのうちエネルギーをためて書きたいですね。

クリックお願いします!
人気blogランキングへ

| | Comments (0)

2005.12.08

里帰り

実家のスタジオで篭って練習をしていたので、
身体が固まってきた。

運動でもするか。。。

ちょうど天気もよかったのでウォ−キングに行きました。
母と一緒に。

我が母校、初音が丘小学校の通学路だったところを歩いてみる。
新しく公園や、マンションが出来ていたり、大分変わっているけど、
昔から変わらない家もあった。

ここも懐かしい橋。
IMG_5298_1

日が暮れるまで遊んでいた近所の公園。
今見ると、かなり小さい。

pic_0452

大好きだった鉄棒。

IMG_5302_1

一瞬、黒田清子さまのように、里帰り気分を味わいました(?)が、
終了!
さて、また練習しないと。

クリックお願いします!!
人気blogランキングへ

| | Comments (0)

2005.12.04

スイスカウベル

私の持っている「スイスカウベル」はどこに行っても人気がある。
KAMOME(ライヴハウス)でもビジュアルも音もいいね〜。と喜ばれる。

今所有しているカウベルのほとんどは、
チロル地方の山奥にあるカウベル工場で購入したものだ。


どうしてそんなところで?

話はかなり前になるが、ミュンヘンのコンクールを受けたことがあった。
見事1次試験で落ちた。
言い訳をするのはどうかとおもうが、
楽器や楽譜が入っているスーツケースが届かず、(ヒースローは怖い)、
人のものを借りて1次試験を受けたが、見事不合格。
途中からスーツケースがなくなってしまったショックで、
あきらめモード。気持ち的に負けていたので
しょうがない。
試験が終って数日してからスーツケースはみつかったのだが、後の祭り。

本選が終るまで日程を確保していたので、時間がたっぷりあまった。
そんな時にカウベルを売っている工場があるという噂を耳にした。

どうしてもカウベル工場に行きたい!

コンクールを受けにドイツまで来て、落ちたことは しょうがないけど、
何か代わりに収穫が欲しかった。

何人かで一台の車にのり、朝4時起きで出かけた。
工場の空いている時間めいいっぱい使って、良い音のするカウベルを探した。
かなり選定をして約30個ぐらい購入。
そのカウベルの使用度は今もかなり高い。

先日、スイスカウベルはどこに売っているのでしょうか?というお問い合せがあった。
実は楽器メーカーからも発売されているのですが、
楽器店でもお取り寄せしてもらっても、半年以上はかかるらしい。

このときカウベルを買えたことは、コンクールに受かるのと同じぐらいな価値があったかもしれない。

さてランキングは?

www

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき | 音楽