« January 2006 | Main | March 2006 »

2006.02.27

神奈川県民ホールの開演ベル

神奈川県民ホールの開演ベルは、行われる公演によってヴァージョンが違うそうですが、
最初に方響(鉄琴のような音)で始まり、最後に銅鑼が「ゴーン」と鳴るヴァージョンは
私が演奏しております。作曲は一柳 慧さん。
今日は一柳さんのオペラを観に行ってきましたが、そのオペラの前に私の演奏(開演ベル)が流れ、
なんだか私も一緒にオペラに参加している気分になりました(笑)。

オペラは、規模が大きく、相当な時間をかけて作り上げているので、
この壮大なプロジェクトが2回公演だけなんてもったいないですね。
あまり再演はないようですし。

今作られている創作オペラなどが、作曲家の手を放れ、再演する日が来たら、
どうなるのかな。。。。

遠い将来、今演奏されている現代音楽はクラシックとなって、
スタンダードに演奏されていたら面白いですね。
モーツァルト、ヴェルディ、ワーグナーのように。。。。

クリック→blogランキング

| | Comments (0)

2006.02.25

文化庁メディア芸術祭 せきねゆき

バーズやタナカンダのCDレーベル(Bon-Kan Media Works)でお世話になっている
有限会社ハリーケンが企画に携わった絵本が、
文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で優秀賞を受賞しました。
そのマンガを書いたのがせきねゆきさん。
絵本のタイトルは「晩夏」
晩夏
最初、この絵本がマンガ?と不思議に思ったけど、
マンガという分野も幅広いことを知る。
ふわっとしたタッチなのに力強く、言葉少なく空間を感じる芸術性が高いマンガなのだ。
その、せきねゆきさんと初めてお会いしたのが、私のコンサートにいらしていただいた時。
第一印象は、作品と本人とのイメージが違く、なんだか面白く不思議な感じがしましたが。。。
そのせきねさんが、文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優勝賞受賞を聞いたときは、
本当に嬉しかったですね。今後も頑張って欲しいです。

この絵本は子供にも大人にもおすすめだと思います。
ちなみに彼女の絵本、ポストカードはハリーケンで販売しています。

クリック→blogランキング

4797473932

| | Comments (0)

フィギュアスケート

オリンピックのフィギュアスケートは凄かったですね。

数分の間で
どれだけ実力を出すことが出来るか?
どれだけ人を魅了させることが出来るのか?
人と比べるのではなく、自分のもっているものを
最大限アピールして、攻める。
といって、気合いが入りすぎて、力んでもいけない。

こういう視点は音楽を演奏する時と共通しますね。
試験、コンクールなどもそうですが、普段の演奏も、
ここぞという場面で決める!ということは大切。

普段ステージで演奏することが日常になってくると
ついつい忘れがちになってしまう。
刺激を受けましたね。

ここぞ!っと、決めなきゃいけない人たちや、忙しい受験生こそオリンピックは見るべきです!

クリック→blogランキング

| | Comments (0)

2006.02.21

ヤマザキの春のパンまつり

今年もこの時期がきました!

「ヤマザキの春のパンまつり」

去年は頑張って2枚の白いお皿をGETして、かなり重宝しました。

今年は一回り大きく、去年のお皿と重ねやすくなっているそうです。
それに、フランス製という言葉によわい。。。

まだまだですが。。。
060221_225307_ed

この時期は、お米生活からパン生活にチェンジしないとね。
目指せ2枚!!!

blogランキング

| | Comments (0)

2006.02.19

お家を建てたい!

どうして3Dマイホームデザイナーはマックで使えないのよ〜!

2006bookpac

パソコンでお家を建てるだけだったらね。いくらでも出来る時代。
楽しまなきゃ損!!!

しかし、Mac派の私。時々、Winのソフトを使いたいと思う時がある。

ヴァーチャルPC?
MacでWinのソフトが開けるらしい。
ちょっと研究してみようかな。難しいかな?

それとも、Winも持っていた方がいいのか。

それより、マックで使いやすい間取りが作れるソフトを探すか。。。

う〜ん、悩むところ。。。。

クリックお願いします→blogランキング

| | Comments (0)

2006.02.08

私のヴァイオリン

3歳の姪がヴァイオリンを弾くまねをしている。
どうやら山の音楽家(わたしゃおんがくか、、、?)のようだ。

「ヴァイオリン弾けるの?」
と聞くと、
「うん」
と答える。
うそ〜、と思いながら、
部屋の隅で眠っている19800円のヴァイオリンを出してきた。
これは、ヴァイオリンの研究をする為に買ったもの。
C⇔Y プロジェクトの時に、いろいろと作曲やアレンジをしていたし、
特に 「ゴジラ」のアレンジの時は、このヴァイオリンを使って特殊奏法を研究していたので
多いに役立った。

何も教えていないのに、当たり前のように構えて、音を出している。すごい!
自分では持てない大きさなので、私が支える役。

キュキュ キュッキュッキュ.....

mio2

あとで、兄夫婦に聞いてみたけど、今までさわったことがなかったみたい。

「初体験でこれだけ音が出せれば、将来見込みがあるかもよ。」
なんて、軽く言ってみたら、

兄夫婦はぶるぶる震えながら

「お願いだからヴァイオリンだけは。。。」と   

 (笑)

クリックお願いします→blogランキング

| | Comments (0)

2006.02.07

先端芸術表現科

 大村久美子がタップをやる!というので
芸大美術の先端芸術表現科の終了製作展に行く。

060207_020332_ed
大村久美子は作曲家で、芸大卒業後、ドイツ、フランスと留学し、帰ってきたかと思ったら、
今度は芸大美術の大学院!?。先端芸術表現科というところ。

先端芸術表現科という変わった学部が出来た時もびっくりしましたが、
今度は映像研究科も出来るらしいし、どんどん芸大も変わっていくなぁ。。。
そういえば、横浜キャンパスも出来たんだよね。何学部があるんだろう。。。

久しぶりに芸大のサイトを覗きました。
東京芸術大学 

えっ、なんと学長が宮田先生に。
え〜、たしか良く打楽器科のイベントに飲みにきてくれたあの宮田先生!?
びっくり。。。

話はもどり、
彼女とは昔から(?)友達ですが、といいますか私の先輩!?
ちょっと面白いキャラクター!?で、今回もタップということで、ぶっとんでいます。

どんな作品だったかというと、

タップの音をパソコンに取り込み、その音をフィードバックさせながら作品にしていく
ライブエレクトロニクス。

でも彼女はたしか、タップダンスなんてやっていなかったはず。。。。

後で話を聞いたら、本当はタップダンサーにやってもらうことも考えたそうですが、
なかなかスケジュールもあわなく、自分でやっちゃった!      ですって。

きっと凄い練習をしたんだろうなぁ。。。。  エラい!

これは本番前の久美子。
060205_160552_ed-1


私も少しタップをやっているので、また真剣にやりたくなってきちゃった。

ざっとしか観れませんでしたが、他の作品も、
部屋ごとにその人のアートカラーに染まった空間が出来上がっていて、かなり面白かったです。
時間があったらもっとじっくり観たかった。。。

共感できる作品、共感しにくい作品、
いろいろありましたが、とにかくエネルギーを感じました。

アートにはパワーがなくちゃ!

クリックお願いします→blogランキング

| | Comments (0)

2006.02.01

イメージ検索のおすすめ

意外と便利なのです。イメージ検索。
単語など言葉じゃなくて、画像が出てくる。
Yahoo!では画像検索というのかな?

Yahoo!よりもGoogleのイメージ検索のほうが、いろいろとひっかかるので、
使いやすい。

たとえば料理のレシピ。
検索する言葉に、「カルボナーラ」と文字を入れ、
上の方に「ウェブ イメージ ニュース...」の「イメージ」をクリック。

ほーら、美味しそうなカルボナーラがいっぱい。
レシピが載っているサイトもあるので、実際に料理の参考になる。

母にイメージ検索の話をしたら、なんにも知らなかった。
こんな便利なこと知らないと損よ!
っと、その場で、試しに「神田佳子」をイメージ検索。

え???  

 かなり驚いている。

(名前が載っている近くの画像を読み込むみたいで、隣の人の画像を読み込んでしまったり、
時々変な画像もひっかかるけど。。。)

花の名前を入れてみたら?と勧めたら
さっそく 母も挑戦。
「ニューギニアインパチェンス」と入力。検索→成功!→母大満足!

ひとつ良いことをした気になりました。
blogランキング


| | Comments (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »