2018.04.10

打楽器アンサンブル講座〜音楽指導者のためのコース募集中

現在、私が講師を努めさせていただいております打楽器アンサンブル講座
2018年度4月開講 エントリー受付中です!

ピアノ指導者 、リトミック指導者、音楽療法士、音楽教師( 幼稚園、小、中、高校、大学の教師、ブラスバンド指導者等を対象としたコースですが、
これまでに、演奏家、作曲家として活動中の方にもご参加いただいております。
様々な打楽器の基礎、リズムのトレーニング法などを学び、タンバリンなどの小物楽器によるアンサンブルから、マリンバ、ヴィブラフォン、コンガ、ジャンベなどを使用した本格的な打楽器アンサンブルまで行います。

受講生たちは、先日の打楽器アンサンブルプチフェスタにもご出演いただき、見事なパフォーマンスも披露してくださいました!

全12回月1回のコースで、今季は新規の受付は若干名となりますが、
ご興味のある方はお問い合わせください。

詳細はこちら
http://www.bon-kan.com/studio/percussion.html

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2018.04.04

平山美智子さんとの思い出

世界的ソプラノ歌手の平山美智子さんとシェルシの山羊座の歌(完全版日本初演)を共演させて頂いたのは6年前。
倍以上の年齢差のある私を、最初は孫のように迎えてくださいました。

平山さんの熱いパフォーマンスに強く影響され、魂のこもった共演をさせていただくことができ、忘れられない思い出となっていますが、
共演後に、「いいね」ポーズをくださり、その後、90歳のお誕生日会でお会いした際にも、その演奏を鮮明に覚えていてくださって光栄でした。
この思い出は私の宝物です。

ご冥福をお祈り致します。


219422_544633035598160_2093230934_o

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2018.04.01

コンポラ結成20周年記念@オペラシティー無事に終了!

アンサンブル・コンテンポラリーα定期公演 2018
結成20周年記念『バッハ生誕333年に寄せて』

作曲家&演奏家が大集合の今回の公演は、
おかげさまで無事に終了いたしました。


ゲネプロの写真から

鷹羽弘晃作品:塚原里江さんとのDUO
29597830_1642109839210405_706605034

楽器は、小太鼓、ウッドブロック、カウベル、シンバルとシンプル!
Img_5369

14人の作曲家が編曲  バッハ:おお人よ、汝の大いなる罪を嘆け
私も譜面を見ながら、客席で聴きたかった!?
29955636_1728131043900062_628310157

演奏後にぶりっ子ショット!?
29598371_1642109805877075_896164888

作曲家と共に!
29570862_1642110642543658_717104896

本日のコンポラ公演では、ホワイエに、20年間の主催公演(定期とリサイタル)のチラシパネル全36枚の展示がありました。
私も、3回のリサイタル(DUOも入れると)を行ってきました。懐かしい公演ばかり!

Img_5380


Img_5377


Img_5378


Img_5379


Img_5381


本番も終わり、夜景の綺麗な打ち上げ!!
芸大同期のヴィオラの安藤裕子ちゃんと!

18699973_1642113352543387_729147747

さてさて、やっと一段落です!

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2018.03.29

アンサンブル・コンテンポラリーα定期公演 2018 結成20周年記念『バッハ生誕333年に寄せて』

今回はアンサンブル・コンテンポラリーαは、結成20周年記念コンサート。
私は結成される前の団体(芸大学生の時)からメンバーなので、
もっともっと長くからやっている気がしますが。。。

今回私の乗り番は2曲。鷹羽作品と全員参加のバッハの編曲。

これは、久しぶりにファゴットの塚原里江さんとデュオのリハーサルの様子。

29512660_1634781389943250_394836477


30日のアンサンブル・コンテンポラリーアルファの本番情報はこちら
https://www.contemporary-alpha.com/schedule

アンサンブル・コンテンポラリーα定期公演 2018
結成20周年記念『バッハ生誕333年に寄せて』

日時:2018年3月30日(金)19:00開演(18:30開場)
場所:東京オペラシティ リサイタルホール

プログラム[全曲初演]
■ J.S. バッハ(山本裕之編・ピアノ独奏版)
コラール前奏曲《おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け》BWV 622
■ 金子仁美 《コンポラプンクトゥス I》
斉木由美 《コンポラプンクトゥス II》
鷹羽弘晃 《コンポラプンクトゥス III》
堰合聡  《コンポラプンクトゥス IV》
鈴木純明 《コンポラプンクトゥス V》
星谷丈生 《コンポラプンクトゥス VI》
川上統  《コンポラプンクトゥス VII》
山本裕之 《コンポラプンクトゥス VIII》
伊藤弘之 《コンポラプンクトゥス IX》
田村文生 《コンポラプンクトゥス X 》
■ J.S. バッハ(アンサンブル・コンテンポラリーα編・12 人のアンサンブル版)
コラール《おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け》BWV 402

[作曲メンバー] 田村文生(代表)
伊藤弘之(副代表)
金子仁美 川上統 斉木由美 鈴木純明
堰合聡 鷹羽弘晃 星谷丈生 山本裕之 米倉香織 **

[演奏メンバー] 多久潤一朗(fl.)宮村和宏(ob.)遠藤文江・鈴木生子(cl.)塚原里江(bn.)
曽我部清典(trp.) 池上亘 *(trb.)
神田佳子(perc.)
及川夕美・黒田亜樹(pf.)
佐藤まどか・野口千代光 *・花田和加子(vln.)
安藤裕子(vla.)松本卓以・岩永知樹 **(vc.)柳澤智之 *(db.)
​松本ゆり子[賛助出演](vc.)
* 録音による参加 ** 今回不参加
[映像協力] 映像空間演出:      向井知子  Tomoko Mukai
テクニカルディレクション:山元史朗  Shiro Yamamoto
映像制作:        杉浦莉代子 Riyoko Sugiura

入場料(全自由席):当日 3,000 円・前売 2,500 円/学生 1,500 円(前売のみ)
チケットお取扱い:東京オペラシティチケットセンター : 03-5353-9999 ( 月曜定休)
アンサンブル・コンテンポラリーα: alpha@cside.com
主催:アンサンブル・コンテンポラリーα
お問合わせ:アンサンブル・コンテンポラリーα事務局
Tel: 090-4422-6300 Fax: 048-258-6856

http://www.contemporary-alpha.com/
Email: alpha@cside.com
助成:公益財団法人 三菱 UFJ 信託芸術文化財団
後援:日本現代音楽協会 一般社団法人 日本作曲家協議会


ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2018.03.17

打楽器アンサンブルプチフェスタ「心技体」ライブレポートその5

打楽器アンサンブルプチフェスタ2018「心技体」
1日目、2日目とも、プログラム後半は、
『相撲組曲「Xe」Ⅱ ~打楽器アンサンブルのための』

1日目は 各楽章のナレーションつき(平野さんにお願いしました!)、
2日目はナレーションなしで、音や動きの演出に集中してお聴きいただく試み。

全七楽章で、最初に「寄せ太鼓」、途中に、「はね太鼓」入りなど、
柝(国技館で使用されていた拍子木!)と新調した相撲太鼓が随所に登場。
おり番は控え力士のように、ステージ東と西の座布団に座り、
俵のかわりにロープを張りました。
衣装には、さがり&まわしのようなデザインのアクセサリーをつけ、
四楽章の猛稽古では、力士隊がムカデをやりながら登場。(すり足は断念)
さらに、六半も追加し、八百万の神が土俵をみて喜んでいる様子も、音と動きで表現。

また、両日とも、大相撲の「呼出」に精通している「サトさん」に、各楽章のイメージにあうハンコ絵を製作していただき、スクリーンで投影させていただきましたが、そのおかげもあり、壮大で素晴らしいものとなりました。

29186848_1641727475918050_833091327

一 壁と孤独と

Dsc_0183

Dsc_0825

Dsc_0471

Dsc_0405


二 先代の教え ~重圧に負けるな 弱音を吐くな

Dsc_0482_2

Dsc_0826

Dsc_0410

Dsc_0830_1


三 愚直な相撲道
Dsc_0186_2

Dsc_0420


四 猛稽古 ~努力で天才に勝ちます

Dsc_0446

5

Dsc_0858_1

Dsc_0861

Dsc_0466

Dsc_0860

Dsc_0873

五 心技体の歯車
Dsc_0576_2


Dsc_0579


Dsc_0498


六 立ち合い ~強烈なおっつけ
Dsc_0502_2

Dsc_0193

Dsc_0596_1

Dsc_0510

Dsc_0879_1


六半 神々の土俵
Dsc_0072

Dsc_0880

Dsc_0086


Dsc_0881_1


七 綱の重み
3_1

Dsc_0552


Dsc_0644

カーテンコール

Dsc_0227_1

Dsc_0235_1


ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2018.03.16

打楽器アンサンブルプチフェスタ「心技体」ライブレポートその4

打楽器アンサンブルプチフェスタ2018「心技体」
第2日目(3月11日)の前半の続きです。

■世界ノナカノ個 個ノナカノ世界/ふくいかな子作曲
かな子さんの世界観に浸れる作品。パーカッショングループ72によっても演奏されています。
センターポジションは高校生の京ちゃん。

Dsc_0127_1

Dsc_0146

■かえるのうた/神田佳子作曲
打楽器アンサンブル講座の受講者5人で演奏。
チェンバロ奏者、ヴィオラダガンバ奏者、オルガン奏者、作曲&ピアノを中心なマルチ奏者、ロックギタリスト兼シンガー・ソングライターの異色のメンバー。

Dsc_0712

Dsc_0173_1

Dsc_0192_1

■きそうちおうよう /神田佳子作曲
今回のために書き下ろしました。
楽しく基礎打ちをしよう。というコンセプトの作品です。
メンバーは、若鍋久美子、上原なな江、戸崎可梨、神田佳子、櫻井音斗、亀川ともき、高木雅也。
Dsc_0228_1


Dsc_0739


Dsc_0236


Dsc_0253


Dsc_0744

■ゲームピース「オロチ」 /神田佳子作曲 新作初演
2日目はプチフェスタのメンバーとワークショップ大人の部に参加してくれたメンバーとの共演!
日本神話におけるスサノオのヤマタノオロチ退治を題材にした即興ゲーム。振り付けつき。

Dsc_0160_2

Dsc_0784

Dsc_0747

Dsc_0751

Dsc_0262

Dsc_0273

Dsc_0813

ライブレポートその5へ

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

打楽器アンサンブルプチフェスタ「心技体」ライブレポートその3

打楽器アンサンブルプチフェスタ
第2日目(3月11日)の前半の様子をお伝えいたします。

■2つ打ち (構成:神田佳子)
冒頭は、神田佳子、上原なな江、若鍋久美子の芸大打楽器科卒3人で、2つ打ち。
こんな「ガチ」なプログラムはレアだと思います!

Dsc_0143_1

Dsc_0611

Dsc_0623

Dsc_0619_1

■Emotion /神田佳子作曲
弟子3人が挑んでくれました!!

Dsc_0149

Dsc_0034

Dsc_0642

Dsc_0641

■足の音/神田佳子作曲
神田佳子作品集CD「かえるのうた」収録の謎の曲、ついに舞台初演!?

Dsc_0065

Dsc_0155

■メッセージより「木」/神田佳子作曲
打楽器アンサンブル講座受講生(リトミック指導者)の3人

Dsc_0073

■打楽器初切 
演奏メンバーで、日々ネタ作りをして、2日間行いました!

Dsc_0670

Dsc_0676

Dsc_0105


Dsc_0119_1

Dsc_0693

Dsc_0694_1

ライブレポートその4へ

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

打楽器アンサンブルプチフェスタ「心技体」ライブレポートその2

打楽器アンサンブルプチフェスタ「心技体」第1日目の続きです。

■打楽器初切
相撲の初切をヒントに打楽器でなにができるか?出演メンバーで構想

Dsc_0786

詳しくは2日目で。

■アフリカーナα/加藤昌則作曲
芸大同期の作曲家:加藤昌則の作品。パーカッショントリオ「The Birds」のレパートリーでもあります。
プチフェスタ初出演のアンサンブル講座の3人組が挑戦しました!

Dsc_0325


Dsc_0327

■ゲームピース「オロチ」 /神田佳子作曲 新作初演
1日目はプチフェスタのメンバーとワークショップ子供の部に参加してくれたメンバーとの共演!
日本神話におけるスサノオのヤマタノオロチ退治を題材にした即興ゲーム。
子供達との共演は、1回のワークショップと本番のリハ、ゲネプロだけでしたが、予想外の出来でした!!

Dsc_0365

Dsc_0368_1

Dsc_0371_1

Dsc_0372

Dsc_0454

Dsc_0848

Dsc_0839

Dsc_0840_1

Dsc_0887_1

ライブレポート その3へ

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

打楽器アンサンブルプチフェスタ「心技体」ライブレポートその1

打楽器アンサンブルプチフェスタ「心技体」を無事に終えることができました。

Dsc_0591

1日目はトーク&プレコンサート
2日目はメインコンサート
と、出演者や内容(演出)が異なるものでしたので、準備に時間がかかりましたが、
どちらも全力を注いでやりきった公演となりました。
これも出演者、スタッフ、ご協力いただきましたみなさま、お客さまのおかげです。
本当にありがとうございました。

写真をみながら振り返りたいと思います。

第1日目

■オープニング〜マリンバ・スピリチュアル(抜粋) /三木稔作曲 

ウィンドチャイム、スイスカウベルから始まり、カエルの木魚、ジャンベなど、様々な楽器が登場する
オープニングに引き続き、
2台マリンバで、さらに「団扇太鼓」「木しょう」などをプラスしました。

Dsc_0010

Dsc_0678

Dsc_0679

Dsc_0681

Dsc_0746

Dsc_0256

Dsc_0202_1

Dsc_0732

Dsc_0017_1

■トーク
ご挨拶と楽器紹介など
Dsc_0259

■ブラシ&バケツ /神田佳子作曲 
新作初演です。打楽器アンサンブル講座のメンバー!

Dsc_0765


Dsc_0283_1


ライブレポート その2へ

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2018.03.06

相撲太鼓を新調しました!

相撲太鼓を新調しました!

Img_4985


Img_4799


Fullsizerender

この数年間、相撲と関わりも多く、相撲太鼓の「リズム」をある程度学び、自作を含め、いろいろな場面で演奏しておりますが、
西洋の楽器でリズムは演奏が出来ても、本物の相撲太鼓で打てないなんて、、、

お手軽な太鼓で代用できるものはないかな?とも考えましたが、
実際に太鼓を扱うお店や呼出しさん達にも話を伺ってみたところ、
相撲太鼓の「あの音」を出す為に、しっかりした胴と革が必須なので、
高価なものになるとのこと。
半年以上悩みましたが、相撲太鼓が欲しい!という熱が冷める事はありませんでした。

弟子に、どう思う?っと聞いたら、
「普通に考えるなら、ティンパニを買った方が、、、」などといわれて、
(実際はティンパニのほうが高いですが(笑))

そうか、普通はそう考えるよね。と思いつつも、
逆に、私なら相撲太鼓でしょ!と強く思い、購入を決断。

革張りにも立ち会わせていただき、
さらに、新調した太鼓で、呼出しの邦夫さんにもご指導を頂きました。

なかなか思うようになりませんが、
この歳になって、新しいことに挑戦するのは新鮮です。
当たり前のことですが、どんなに良い指導を受けても、
自分が納得のいくまで練習をしないと上手くならないんだな、と実感しました。
いつも弟子達のレッスンで指導している内容を、
そのまま、自分に問いかけながら相撲太鼓を打つ毎日です。

まず、今回の打楽器アンサンブルプチフェスタがお披露目となりますが、
何十年もかけて、粋な太鼓を打てるようになれたらと思っております!

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

より以前の記事一覧