2017.12.09

【相撲組曲「Xe」】が相撲道のコラムに登場!?

元力士で、高砂部屋マネージャーでもある松田さん(一ノ矢さん)が、
連載しているコラム相撲道に、私が今年作曲しました【相撲組曲「Xe」〜2台ピアノのための】を取り上げて下さいました。

きらめきプラス師走号に掲載されています。

24852326_1531469346941122_883189251


24862327_1531469343607789_561651122

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2017.11.23

絶対音感ならぬ絶対リズム感・・・朝日新聞デジタルの記事

先日の取材が記事になり、朝日新聞デジタルに本日配信されました。

朝日新聞デジタル 2017年11月23日付
■絶対音感ならぬ絶対リズム感…打楽器奏者の超絶能力とは
記者:高津祐典    打楽器奏者:神田佳子

http://www.asahi.com/articles/ASKCB7443KCBUEHF00L.html

Photo

打楽器の魅力、リズムの魅力を伝えるために、実際に楽器で音を出しながら説明をしましたが、
この記事には、その時の動画も沢山載せて頂きました。

トークの流れで、机を叩いたり、スティック選びの時の頭を叩くことの実演をしましたら、その動画も使用されていますので、
なにか、ネタ(!?)になりそうな楽しい記事です。

もっとコアな演奏をすればよかったか?
自分の小太鼓を持って来ればよかったか?など、
少々後悔もありますが、
私の大好きなアイテムの「カエルの木魚」や「スイスカウベル」の映像も使用していただけましたので満足です!

よろしければご覧ください。

*無料登録で文章も映像も全部ご覧になれます。

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2017.11.22

ダンスと音楽の即興のイベント

先日は公園通りクラシックスで本番でした。
ダンスと音楽の即興のイベントで、
相撲の「柝」デビュー!

23621370_1513402982081092_165545212

あとは、比較的シンプルなドラムセットと、カエルさん。
相撲太鼓のリズムをドラムソロでも叩いてしまいました!

ダンサーのみなさん、個性的で、楽しまさせていただきました!!
終了後に撮影!

23621255_1513402988747758_470496024

イベント内容↓

武元賀寿子企画
渋谷:公園通りクラシックス
2017年11月18日

1部 インプロ初級編
2部 インプロ中級〜上級

箏、歌、笙:竹澤悦子
打楽器:神田佳子

ダンス:
高橋純一
後藤かおり
皆川まゆむ
高見昌義
和中和央
八木光太郎
愛智伸江
武元賀寿子

他...


ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2017.11.03

近藤譲個展を終えて

10月31日東京オペラシティ小ホールにて行われた「近藤譲 七十歳の径路」の公演が無事に終了!
チケット完売、満員御礼。沢山のお客様にお越しいただき、気持ち良く演奏できました!!

23120122_1589796667748453_259419735

私は日本初演の作品と、
視覚リズム法の合奏版のヴァイオリン、チューバ、スティールドラム、バンジョー、エレピ(フェンダーのローズ)という特殊な編成の作品にも参加させていただきました。
Img_3642

23000342_1590694574325329_138558924

22年前、近藤先生の打楽器作品の個展をさせていただいた時は、曲を解釈するのが精一杯でしたが、
時を経て、あの時よりは、もっと、ひとつひとつの音を楽しめるような感覚でした。
(22年前のフライヤーが見つかりました!)
Img_3630

近藤作品は、デリケートな音の連続ですが、先生の的確なアドバイスでパッと音が変わり、
すぐに反応が出来る素晴らしいメンバーと一緒に演奏させて頂けたことにも喜びを感じました!

そして、受験時代に大変にお世話になりました師匠の松倉先生との共演が叶いました。
(学生の時に演奏させていただいた以来かもしれません。)
いろいろと時間が戻ったような感覚もありました!

23004447_1590693880992065_407162920

Kondo70_4000_058_1

曲数もかなりあるので、ゲネプロ時間が分刻みのタイムスケジュール。
それなのに、ピアノの調律を別の部屋でぎりぎりまで行っており、ホールに運ぶ時間待ちになっていたので、なかなかゲネプロ開始にならず。
「この時間を使って、照明を決めたり、椅子を出したり、何かできることはないか?」と、スタッフとバタバタしていたところに、
近藤先生が、「のんびりやろうよ。多少時間が押したって大丈夫だよ」と貫禄且つ場を和ませる雰囲気のお言葉。
しかし、いざゲネプロが開始されると、「もう終わりの時間ですよ、次の曲に...」と、ステマネ以上に分刻みに仕切っていらっしゃいました。

打ち上げでもいろいろと交流させていただき、近藤譲にたっぷり浸った日々が一段落ですが、
近藤先生には、来年1月の東京現音計画でも1公演プロデュースしていただくことになっておりますので、
引き続きお世話になります!

22904935_1590694400992013_649847288


23157094_1590694434325343_768096652

また、オペラシティの大ホールでは、バッハコレギウムジャパンの公演。以前よく共演させていただきました懐かしいメンバーにも会えました!
さらに、打楽器の菅原先生も乗っていらして、偶然、休憩時間が一緒になり、松倉先生、菅原先生と3人でお茶させていただいたりと、
本当に濃い一日でした!


ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2017.10.27

近藤譲70歳記念演奏会[線の音楽ー現在、過去、未来ー]@東京オペラシティ

近藤譲70歳記念演奏会[線の音楽ー現在、過去、未来ー]のためのリハーサルが
連日行われております。

Img_3624

今日は近藤譲先生にも立ち会っていただきましたが、先生の一言で音がみるみる変わってきます。
本番は31日です。私は2作品に参加です!
師匠の松倉先生とも共演させていただきます!

この楽器も演奏します↓
Img_3510

Fullsizerender20

ご都合よろしければ、ぜひいらしてください!
(チケットの確保はお早めに!)
近藤譲70歳記念演奏会[線の音楽ー現在、過去、未来ー]
2017 年 10 月 31 日 19 時開演(開場18時30分)
東京オペラシティ・リサイタルホール
≪視覚リズム法≫(tuba, banjo, steel drum, electric piano, violin:1975)
≪彼此≫(vc,pf :1990)
≪ 横浜≫(bfl, pf, 2 vn:1990)
≪梔子≫(cl, vib, pf, vn :1997)
≪空の空≫(b-fl, va, vc, pf 2010)
≪トライン≫(euph, vc, pf 2012)
≪ヘレボロス≫(pf 連弾:2015)
≪変奏曲(三脚巴)≫(fl,cl,vn,vla,vc,pf,2perc 2015:日本初演
多久潤一朗(Fl) / 武田忠善(Cl) / 小寺香奈(Euph) / 橋本晋哉(Tb) / 松倉利之(Perc) / 神田佳子(Perc) / 山田岳(Banjo) / 井上郷子(Piano) / 篠田昌伸 / 榑谷静香(Piano) / 近藤譲(Piano) / 手島志保(Vn) / 横島礼理(Vn,Vla) / 松本卓以(Vc) / 多井智紀(Vc) / 石川星太郎(Cond.)
チケット:前売:3,500円 当日:4,000円 学生前売:2,000円
(税込)
主催:近藤譲70歳記念演奏会実行委員会

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2017.10.19

川崎の保育園にてミニコンサート

私の教え子(東京成徳短期大学の生徒)が川崎の保育園の先生になって、
ミニコンサートの依頼をしてくれましたので、演奏させていただきました。

22687837_1487555664665824_548929645


22552777_1487555667999157_873874974


22552427_1487555661332491_544238668


22552690_1487555744665816_377792451


22540136_1487555734665817_782058584


子供たち(乳幼児も!)がじっくり観てくれるので、やりがいがありましたし、元生徒も、はつらつと先生をしている様で、嬉しかったです!

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2017.10.18

神奈川小学校へアウトリーチ

横浜かなっくホールの依頼で、小学校のアウトリーチに行き、打楽器のミニコンサート&ワークショップ。
4年生のみなさんと一緒にパーカッションを楽しんできました!

22549028_1485094878245236_496440541

22641685_1437456132970327_110819332

かなっくホールのスタッフの音斗ちゃんも一緒にお手伝いいただきました!

22519838_1485095628245161_4169170_2

私の所有楽器と学校の楽器で体育館はたくさんの打楽器。
全員でリズムにのったり、変わった楽器を演奏してもらったり、
もちろんカエルの木魚も登場!クラスごとに発表も!

衣装はトロピカルな感じ?になりましたので、いつも以上にテンションが高い!?
かなっくホールスタッフが撮影してくれた動画がこちらにアップされています↓
https://www.facebook.com/yokohama.kanack/videos/847779532054705/

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ


|

2017.09.12

サントリーサマーフェスティバル2017

サントリーサマーフェスティバルのハース室内楽の本番、無事に終了しました。

一曲のみの出演でしたが、
作曲家のハースさんの立会いのリハーサルも濃密で、
リハーサルで、サウンドが整っていく過程が非常に興味深く、
良い経験をさせていただきました。

本番前のステージ!

今回の打楽器のセットと作曲家のハース氏と共演者のみなさん!

21462679_1454757127945678_104440468

ティンパニ以外は私物楽器。

21463147_1454757124612345_441613655


主演後、プロデューサーの細川俊夫さん、作曲家のハースさんも一緒にみなさんで記念撮影!

21685937_1454765007944890_5142600_2


21559111_1454765011278223_337754050

追記
ゲネプロにて...
いつものゴム底のスポーツシューズではなく、ゴム底だけど、ちょっとヒールのある本番靴を履いて演奏していましたが、ちょっとだけカタカタと足音が気になる。
今回は音数は多くないけど、なんせ、バチの持ち替えはいっぱいあるし、打楽器セット内を動き回るので、
その音を立てないように足の動きが慎重になってしまうし、ちょっと気がかりだけど、見た目は断然本番履のほうだよな。
どうしよう!と悩んでいたところ、
指揮の杉山氏が「あれ?いつもよりもバチの持ち替えが遅くない?」と。
その一言で、本番はいつものスポーツシューズにしました!(スムーズに動けて正解でした!)

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ


|

2017.08.12

「ぶつかりピアノ両国門天場所」を終えて

両国アートフェスティバル「ぶつかりピアノ両国門天場所」中日に、
相撲組曲「Xe」=稀勢の里(2台ピアノのための)の世界初演!!

20479875_1422447654509959_758359309

昼公演、夜公演ともに熱演で、高橋アキさん&寺嶋陸也さんに素晴らしい演奏をしていただきました!

私も大変満足でしたが、ご来場いただいたお客さんにも
大変ご好評いただき、時間&エネルギーをかけて取り組んだ甲斐がありました。
そして、なんと!相撲関係者の方を通じて、この公演のことが稀勢の里関の耳にも入ったらしく、
ご興味を持っていただけたという情報が!
残念ながら、ご来場は叶いませんでしたが、
いつか、この曲が稀勢の里関に聴いていただける日が来るかもしれません!!

20525402_1422447651176626_798515117


さらに、今日は、大変貴重な反物を頂いてしまいました!
もう、ひっくりかえりそうです!

20545627_1422447034510021_509546274


他の作品も聴き応え(見応え)のある作品だらけで、
本当に楽しい、夢のような日でした!

そして、千秋楽も終わり、関係者の方々と「ちゃんこ」でシメ!!

20622137_1425195564235168_258139899

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ


|

2017.08.02

神田佳子作曲: 相撲組曲「Xe」〜2台のピアノのための (2017)プログラムノート別添

音が鳴る瞬間(神田的には、「音、生まれる」瞬間)に立ち会えるのが、本当に幸せです。
この度、両国門天場所(芸術監督の鶴見幸代さん)にて、スペシャリストの高橋アキさん、寺嶋陸也さんのお二人に演奏していただけることに感謝しております。
お二人とも心底お相撲好きなので、共有できることが沢山あり、相撲の音をイメージして真剣に取り組んでくださり、
リハーサルも貴重な時間でした。

20399539_10154539709732447_22615442

Fullsizerender17


Fullsizerender16

相撲、稀勢の里をキーワードにして、この作品を創っている時、次から次々へとアイディアが生まれましたが、
今回は、その中から厳選した要素を組曲(7楽章)としてまとめました。
稀勢の里への想いももちろん沢山詰まっていますが、相撲を追求すればするほど、相撲には日本の文化、伝統、心が凝縮されていると改めて思いました。

本番は明日8月3日ですが、
プログラムノートに書き切れなかった各楽章の想いはこちらにアップしました。

◎神田佳子作曲: 相撲組曲「Xe」〜2台のピアノのための (2017)
■一 壁と孤独と
身体の隅々まで神経を張り詰め、精神を統一しながら一音一音奏でることで、孤独に戦う力士を表現。
取組前、壁に向かって集中する稀勢の里と、その行く手に立ちはだかる壁を思い浮かべながら。
■二 先代の教え 〜重圧に負けるな 弱音を吐くな
先代鳴戸親方は角界一の厳しい親方。
「土俵の上は人生の縮図」「土俵際が面白い」「孤独になれ」という教えも有名ですが、
「奥歯をかんでいる気持ちでやらないとダメだよ。
勝負の分かれ目の俵で“あ”って声出すのは、弱い音だよ。
弱音っていうんだよ。」という言葉も残っています。
最後は、弱音を吐きそうになる「萩原」時代の稀勢の里に、先代師匠からの喝。
■三 愚直な相撲道 
真面目でぶれない稀勢の里が、
純粋な心を持ち相撲道を邁進する姿を表現。
神事から生まれた相撲ならではの神聖な気持ちになるような音楽。
■四 猛稽古〜努力で天才に勝ちます 
無酸素運動でひたすら限界を超えてまで行う稽古。
「努力で天才に勝ちます」は稀勢の里が中学の文集に書いた言葉です。
スピード感のあるフレーズを、頭打ちにならないようにアクセントを置くことで、
より突進していく力を増しました。
■五 心技体の歯車
歯車があわずもやもやした気持ちを落ち着かせ、瞑想していくように。
シンプルなオスティナートの中に入る複雑な連符は、心の揺らぎを表しています。
準優勝12回でも、なかなか結果の出せない稀勢の里を応援しているファンの気持ちも入っています。
歳月がかかるもついに心技体の歯車が噛み合っていく様子を短くまとめました。
■六  立ち合い 〜強烈なおっつけ
冒頭は柏手を打ち、鍵盤の上を拳で構える。
ピアノの音と音の出会いと、相撲の立ち合いの集中力、緊張感には、
似たようなものを感じます。
取り組み中の駆け引きあり。投げ合いあり。
土俵際まで攻め合いながら、ガチンコ勝負。
後半の高音への駆け上がりは、得意の「左おっつけ」のイメージ。
■七 綱の重み
相撲の「はね太鼓」の最後の部分のリズムから始まりますが、
そのリズムをピアノでダイナミックに表現し、みんなの期待、1500年以上の相撲の歴史重み、
優勝、そして横綱昇進の歓声を重ねています。
はね太鼓は「打ち出し後、てんでんばらばらにお客さんが散っていく様子」を
表現しますが、あの平成二十九年大相撲初場所十四日目の稀勢の里の初優勝決定後は、どれだけ盛り上がったことか。
そして、横綱土俵入り「雲竜型」の攻めと守りを意識しながら、
心を鎮め、これからも相撲道を邁進し続ける姿で、曲は終わります。

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ


|

より以前の記事一覧