« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018.07.13

東京現音計画#10@杉並公会堂終了!

東京現音計画#10は、山根明季子さんプロデュースで、今日の資本主義における消費と音とを直接的に扱う作品が選ぶ。
なんと、パチンコ5台の音から始まり、
プラスチックだけの打楽器ソロ「ポッピキューポッパキー」(コンセプトは赤ちゃんの行進曲!!)、株価の上昇下降を映像と音で表現するチャートミュージック、
ゲームセンターのようなアミューズメントパークの音楽、
重低音はどこまで聴こえるのか?極限までの挑戦!?
など、かなり個性的な内容でしたが、無事に終わりました。

スーツで本番の演奏なんて、初めての経験かもしれません。
今回のコンセプトにあっているかと思い、クローゼットに眠っていた20数年前の
バブルの時に買ったものを出してきて、やや強引に着ました。

また、普段はモノトーンが多い私ですが、
こんなにカラフルなものに囲まれることは滅多にないかと思います!

いろいろな意味で貴重なコンサートとなりました。

ご来場いただきましたみなさん、ありがとうございました!

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

36943753_1777981722282222_996621236
撮影:松蔭浩之

ほぼ初めてのパチンコ体験。リハーサルで当たりを出しまくる!?
36950652_1703629323019672_341301285

36980994_1777981642282230_559712441
撮影:松蔭浩之

36956178_1777981618948899_224424055
撮影:松蔭浩之


37002203_1777981822282212_271291881
撮影:松蔭浩之


37025569_1777982008948860_635032190
撮影:松蔭浩之

37068845_1777981662282228_319528099
撮影:松蔭浩之

36971799_1777981755615552_327113522
撮影:松蔭浩之

37016187_1777981958948865_840070546
撮影:松蔭浩之

36992461_1777982172282177_423679654
撮影:松蔭浩之


みんなでスーツは、山根プロデューサーの指定
36914222_1763885827032805_187277791

「ポッピキューポッパキー」は、平台の下にキャスターをつけ、打楽器セットがスムーズ出入りすることに成功!。キャスターは今後も使えそうです!
製作:ぼん
Img_7521

「ポッピキューポッパキー」の衣装。
36993243_10214134229683609_81444027

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ


|

2018.07.08

東京現音計画#10コンポーザーズセレクション5:山根明季子

7月11日は東京現音計画のコンサート。
ひとりの作曲家にプログラミングを託すコンポーザーズセレクションの5回目にして、
通算10回目の記念すべき主催公演は、新世代の旗手・山根明季子によるディレクション。
迎え撃つ東京現音計画の新境地、要注目!

リハーサルの時の様子をちらり。

35432990_1724769514277770_682732032

35461866_1724769617611093_707062529


31103524_1677357789011283_202975757

東京現音計画#10コンポーザーズセレクション5:山根明季子

2018年7月11日(水)18:30開場 19:00開演
杉並公会堂小ホール(杉並区上荻 1-23-15)

プログラム監修◉山根明季子
演奏◉東京現音計画
エレクトロニクス:有馬純寿
サクソフォン:大石将紀
打楽器:神田佳子
ピアノ:黒田亜樹
チューバ:橋本晋哉

山根明季子《アミューズメント》サクソフォン、チューバ、打楽器、ピアノ、エレクトロニクスのための(2018 委嘱初演)

山根明季子《ポッピキューポッパキー》打楽器のための(2012)

山根明季子《状態 No.1》複数のパフォーマーのための(2018 委嘱初演)

山根明季子《水玉コレクション No.19》サクソフォン、チューバ、エレクトロニクスための(2018 委嘱初演)
ヤコブTV《ボディ・オブ・ユア・ドリームス》サクソフォン多重録音版(2002)
ヨハネス・クライドラー・山根明季子編《チャート・ミュージック》サクソフォン、チューバ、打楽器、ピアノ、エレクトロニクスのための(2009/2018 世界初演)
ヨハネス・クライドラー《スロット・マシーンズ》ピアノとMP3プレーヤーのための(2009 日本初演)
ヨハネス・クライドラー《スタイル1k》サクソフォン、チューバ、打楽器、ピアノ、エレクトロニクスのための(2018 世界初演)

全席自由 前売一般3000円、前売大学生・専門学校生1000円、当日各種一律3500円(税込)

予約・問い合わせ◉
東京現音計画事務局(ナヤ・コレクティブ内)

https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=46291&
電話:050-5532-5022(平日15:00~19:00)
メール:nayac@mc.point.ne.jp

◉主催:東京現音計画
◉助成:公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2018.07.04

国府宮神社の稀勢の里土俵入り

久しぶりのオフは、日帰り名古屋ひとり旅!
目的は、国府宮 儺追神事1250年奉祝記念&稲沢市市制60周年記念の国府宮神社の稀勢の里土俵入り。

朝一番で名古屋に着き、特別記念の横綱入り御朱印をいただきました。
そして、向正面の最前列の場所が取れたので、約4〜5時間ぐらい身動きがとれませんでしたが、
稀勢の里の力強い最高な土俵入りを見ることが出来て、感動しました。
この場所では初の横綱土俵入りとのことで、
毎年行っているイベントとは一線を画しているに思えましたし、
大地を鎮めて邪気を払う儀式は、横綱にしかできないこと。
そこに立ち会えて本当によかったです。

その後の餅まきでは、稀勢の里と竜電の投げた餅をゲット。
その後、日光浴、いや、海水浴のあとか?という楽しいイベント後のようなの脱力感の中、大相撲展のイベントに行き、琴奨菊のイベントの最後の方に間に合い、
まだ、のぼりが立つ前の名古屋場所会場にも行き、櫓を見てきました!
毎年、場所前に作られているそうですが、初めて見ました。

名古屋は親の転勤のため、幼稚園から小学校2年まで、4年間住んでいたことがあり、思い出もいっぱいありますが、
実は、約25年前に父親が2度目の転勤(単身赴任中)に急死したところでもあります。
名古屋に行ったまま帰って来ていないような感覚で、未だに名古屋に行くと、父がいるような気がしてなりません。

そんなこともあり、特別な場所なのです。

まだ、のぼりが立っている名古屋城を見たことがないので、
また機会を見つけていきたいですね。

36513674_1747538392000882_228464378


36457804_1747538398667548_221172409


36501656_1747538432000878_865765096

36475763_1747538612000860_440858607


36485846_1747538685334186_295074044

白が稀勢の里関、ピンクが竜電関がまいた餅!
36464029_1747538705334184_600258374

過去最大級の「大相撲展」に移動 琴奨菊関も観れました!
36544864_1747559951998726_219249292


36496762_1747538748667513_487971817

36438142_1747559961998725_1765310_2

36451451_1747560008665387_829105305

大相撲展 見ず知らずのオジさんと (撮影:現地でお会いした「どすこいクマさん」より)
Img_7394

Img_7395

Img_7392

Img_7393


名古屋場所の櫓  ここに昇るのは怖そう! 呼出しさん、凄い!
36589905_1747538815334173_811989657

36515551_1747538752000846_824108207

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »