« かなっくホール〜僕らの劇場2016<音楽ワークショップ・その1> | トップページ | 川島素晴作品の18年ぶりの再演終了! »

2016.10.26

打楽器ソロ&パフォーマーの作品を神奈川県民ホールで

川島素晴氏の作品の打楽器ソロ&パフォーマー付きを稽古中。
この作品はダルムシュタット音楽祭や、オペラシティーのB→Cにて上演してきました。18年ぶりの再演となります。

暗譜で演奏しなければならないので、覚えるためには、何度も繰り返すしかない。
まるで、相撲のぶつかり稽古のように、「もういっちょ!」と言いながらやっていたり、時には球拾いも必要だったり(⁉︎)、体育会系です(笑)

プリペアドヴィヴラフォン(⁉︎)や、その他、楽器か傷つかないようにとか、響かせるようにとか、滑らないようにとかで、加工が必要な部分もいっぱい。

14691078_1138828269538567_354800588

14729157_1138828262871901_724781293

14721518_1138828259538568_808599961


14720458_1138828336205227_443131479


こんな感じで、文章では説明できない作品ですので、ぜひ観に来てください!
本番は10月28日神奈川県民ホール。入場料500円(予約不要)です。

詳細はこちら

■一柳慧プロデュース セッポ・キマネン チェロ・リサイタル 関連企画

シンポジウム 日本・フィンランドの音楽事情と展望

日時:2016年10月28日(金)   開演:19:00 (18:30開場)

会場:神奈川県民ホール小ホール (日本大通り駅徒歩8分)

出演:
【登壇者】
一柳慧(作曲家・公益財団法人神奈川芸術文化財団芸術総監督)
セッポ・キマネン(チェリスト)
川島素晴(作曲家)
ペルットゥ・ポロネン(作曲家)

【司 会】
柴辻純子(音楽学・音楽評論) 

プログラム:川島素晴 :And then I knew 'twas Toccata (1998)
演奏:神田佳子(打楽器) 川島素晴(パフォーマー)

ペルットゥ・ポロネン:Soma for cello より  I.Rubato  II.Allegro, furioso
演奏:セッポ・キマネン(チェロ)

料金:500円 (当日払い・予約不要)

http://www.kanagawa-kenminhall.com/detail?id=34613

協力:日本・フィンランド新音楽協会
後援:フィンランド大使館、フィンランドセンター
お問い合わせ:神奈川県民ホール 事業課  045-633-3686
主催:神奈川県民ホール

ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

« かなっくホール〜僕らの劇場2016<音楽ワークショップ・その1> | トップページ | 川島素晴作品の18年ぶりの再演終了! »