« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.28

Macの悩み。

どうも、PCの環境が気持ち良く整っておりません。

日々悩んでおります。

とにかく拠点が多いので、持ち歩くことが多く、
持ち歩き用PCが必須。
今までPowerBooKG4 12インチがメインPCでしたが、OSは10.3.9ですし、調子が今ひとつ。

バチ類なども持ち歩くし、
なるべく持ち歩き用PCは軽いものがいいので、MacBookAirを導入しましたが、
まだ整っていません。

グラフィック系や、フィナーレなどで使う場合のために、画面の大きいのも欲しいと思っていたので、
この際、i Macを買って、メインPCにし、
MacBookAirに最低限のものをインストールし、整えようと思っていたのですが、
この数日、やっぱり、持ち歩き用がメインじゃないと、出来る事が限られたり、混乱を来しそうな感じでしてきて、、、、。

MacBook Pro13インチを購入し、持ち歩き用にして、家ではディスプレイを別に購入してつなげるか?
でも、ディスプレイにつないだりはずしたりは、面倒な気もするし。。。
自宅にいないことが多いし。。。
MacBookAirをもっと活用できないかとも思うけど動画系の編集も耐えられるのか。。。
あと、複数パソコンの迷惑メール処理も上手くいっていないし。。

あ〜、支離滅裂。

頭が回らないなあ。

複数のパソコンを器用に使いこなしている方々がうらやましいです。

クリックお願いします→人気blogランキングへ

|

2010.02.27

Twitterでつぶやく

出遅れましたが、数日前からTwitter始めました。

http://twitter.com/kandayoshiko

まだ、つぶやき方がよくわかりませんが(笑)

Twitterってmixiのように足跡つかないの?

まだ、使い方もよくわかりませんが(笑)

まあ、気晴らしのつもりで、ちょっと続けてみるとするか。

iPhoneのアプリTwitBirdから「ご近所ツイート」を見たら、
いるわ、いるわ、こんなにつぶやいている人がいるんだ〜。
びっくり。

横浜は都会だ!(笑)

クリックお願いします→人気blogランキングへ

|

2010.02.26

精神面のコントロール

この時期は、ソロコンテストに向けてのレッスン、芸大受験生のレッスンなどや、打楽器アンサンブル講座のサロンコンサートに向けてのレッスンが続いています。

そんな中、フィギュアスケートを見たりしていますが、
いつも思うのですが、フィギュアスケートは、音楽、特に動きも重要になる打楽器の演奏と共通点が多い。

フィギュアスケートは、コーチや振り付け師によって動きが決まる事がほとんどの様ですが、
その動きが自分のものになっている人、
音楽を肌で感じながら滑る人、
リズムに乗れている人
そして、一つ一つの動きが出来ても、流れの中でスムーズに滑れる人。

打楽器も、動きや流れ、そしてもちろんリズムに乗れている事は重要。
先生に指摘を受け、レッスン時に出来たとしても、その後、自分のものになるように変換出来なければ意味がない。
しかし、動きばかりを気にする人も多い。
たしかに左右の動き、アップ、ダウン、動きは大切だが、
一番大切なのは「音」。伝わる音、気持ちの良い音、その瞬間に合った音が出せなければ、、。

でも、音は、出す瞬間の気持ちによって、如何ようにも変ってしまう。
気持ちのよい動きによって、イメージが浮かび、精神面がコントロールされる場合も多いのも確か。

いくら練習しても、本番の演奏の「その瞬間」に自分の気持ちを持って行けるか。
最終的には、精神面のコントロールが出来る人が残っていくのだと思う。

技術面よりも、精神面のコントロールが一番難しいのだから。
これは、スポーツも音楽も共通することじゃないかな?

(みんな頑張れ!!)
・・・

やっぱり真央&キム・ヨナ対決が気になって今日は落ち着かない(笑)

個人的には鈴木明子さんのもっているリズム感は楽しめるので、もっと評価されて欲しいなと思いますが、、、

あ〜TVが気になる。。。

クリック→人気blogランキングへ

|

2010.02.23

やっぱりコンサートホールで聴いてもらいたいな。。。

先日のNHK-FMの現代の音楽の自分の演奏を聴く事ができました!
が、耳にビーンと響く高音やお腹にズーンとくるような低音はホールじゃないと味わってもらうのは難しいと感じました。
特に打楽器はレンジが広いので、普通に再現するとすぐに音が割れちゃったりするわけで・・・。
そうなると、かなり小さい音になってしまう。

ラジカセやPCで聴くと、ビリビリっとした歪み音がして、まるでホールで耳がビーンとなる時の感じの雰囲気がよく出てたり(笑)。

聴く環境でも違いますよね。凄いシステム聴いている方も炒ると思いますが、FMはラジカセや車で聴いている方も多いですので、
聴こえな〜い!で終わってしまう可能性も(笑)。
コンサートはほんの一部の人にしか聴いていただけないので、
こういう放送が、興味を持ってもらうきっかけになれば嬉しいのですが。

この曲を演奏した津田ホールは、よく響くホールなので、伊藤さんの世界も表現しやすかったのですが、場所で効果も変わりますし、音を出していく者としては、そういうところが難しくもあり、面白いところでもあります。

さて、6月にミューザ川崎でコンサートがあります。

http://www.kawasaki-sym-hall.jp/performance/05/index.shtml

大人のためのパイプオルガン・コンサート
オルガン×打楽器 コラボレーション

* 2010年6月12日(土) 15:00開演
* オルガン:近藤 岳
* 打楽器:神田佳子

かなり先ですが、ぜひ予定に入れておいていただけたら嬉しいです。
大ホールなので、音の振動をたっぷり味わっていただきたいですね。

クリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2010.02.21

本日のNHK-FM現代の音楽

 昨年津田ホールのコンサート「四人組とその仲間たち打楽器の饗宴」で演奏しました
『まだ見ぬ大地』が、本日(2月21日、18時から)のNHK FMで放送されます。

現代の音楽
2010年 2月21日(日) 午後6:00~午後6:50(50分)
『まだ見ぬ大地 打楽器ソロのための』
作曲 伊藤弘之
演奏 パーカッション/神田佳子 

NHK FM 番組表

よろしければお聞きください!!


クリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2010.02.20

Just Composed&火の鳥

フィギュアスケートで金をとった「ライサチェック」のショートプログラムの音楽は
ストラヴィンスキーの火の鳥。
音に合わせて気持ちよく決まっていましたので、この人は凄いかも!と直感を受けましたが、金をとりましたね!
いや、でも、「火の鳥」は、かなり強引な編集で。しょうがないとは思いますが。

偶然にも次の日に、みなとみらいホールで行われたJust Composed2010のコンサートに行き、
神奈川フィルハーモニー&山形交響楽団の「火の鳥」の演奏も聞きました。
飯森さんの指揮の「火の鳥」は、とても繊細な感じでした。フランス的というよりも日本的?
迫力で押すというものではなく、神秘的な世界でじわっと来ました。

そして私は、まだ「火の鳥」モード(笑)

火の鳥ブームは来るか!?

武智由香さんの曲も繊細な響きを作り出していましたね。
でも、個人的には演奏前のトークが無い方が、音に集中できて良いのですが、、、。
最近はトークがつきものですね。。。。どうなんでしょうか。

江原大介さんの作品も面白かったですね。
また聞いてみたいです。

武智さんに誘われて、レセプションにも参加してしまいました。
芸大同期のぽちと、いこぴーにも会えて楽しかった。
久しぶりに先輩の神奈川フィルの倉田さん(トロンボーン)ともお話し出来ました。
歌のCDを出されたらしい。それもオケバック!? なんてことだ!!!


クリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

2010.02.18

竹富島

西表島(上原)から石垣島のフェリーは往復欠航でした。
大原まで移動して、フェリーに乗り、石垣島に到着。
そのまま竹富島にフェリーで行きました。約10分。

のほほ〜んとしている島です。
Dsc07482

Dsc07527

名物の牛車観光もよかったです!
Dsc07480

・なっちゃん

Dsc07484

・コンドイビーチ
ここも奇麗なビーチです。風が強かった。
Dsc07513


・島バナナ

Dsc07537

石垣島のショップモールで、私の手のモデルを発見(笑)

もっと長い間島にいれたらな。。。。

ということで、やまねこマラソンツアー終了!

「 終 」 クリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

西表島満喫 その2

ランチは、ニラカナイのホテルの近くの唐変木というカフェ。

Dscn1824

ゴーヤたっぷりのゴーヤチャンプル

Dscn1818

午後はレンタカーで、西表島温泉に行き、ふやけた後は、星砂の浜へ
雨が降ったり止んだりしていましたが、砂浜に着く前に、また晴れました!!
Dscn1832

そこで、ネコが!!!
イリオモテヤマネコ目撃か!?

そんなに簡単に見れるはずはありません、、、。イリオモテイエネコか?
しかし、特徴が似てませんか? 子猫っぽい感じでした。


夜は「キッチンイナバ」でディナー。
どの料理も美味しかった!!
ホテルから徒歩5分ぐらいのところなので、
ニナカナイに泊まる人にはお勧め。

店主の三線を楽しみことも出来ました。
Dsc07456

帰り、困ったことに真っ暗で歩きにくい(笑)
島の人は懐中電灯を持ち歩くらしい。
ホテルに着いた瞬間にまた雨がざ〜と降って来ました。セーフ!!!

つ・づ・く→クリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

西表島満喫 その1

やまねこマラソンの次の日は観光モード。

午前中は、ピナイサーラの滝とカヌー。
ピナイサーラの滝は、落差約55メートルの沖縄県最大の垂直な滝です。

まず、カヌーを漕いで、フォレストトレッキング。

Dscn1788


Dscn1814

滝に着きました。
マイナスイオンたっぷり!!
Dscn1808

Dscn1796


Dscn1810

大自然です!!!

つ・づ・く→クリックお願いします!!!人気blogランキングへ

|

「やまねこマラソン」その4 宿泊編

その4は宿泊編です。

今回は西表島のニラカナイというホテルに泊まりました。

南西楽園 西表サンクチュアリーリゾート ニラカナイ

アジアテイストで、新しくて、大きくて、とても奇麗なホテルです。
Dscn1691

Dscn1697

ベッドとは別に窓際に天蓋付きデイベッドもあるのです!!
ここで観光の予定を考えたりして優雅な時間を過ごしました。

Dscn1701

お風呂。これは普通のユニットバス。でも、清潔で足も十分伸ばせる広さ。
どこを探してもお風呂の情報がないので、載せておきます!(笑)

Dscn1694

プールのあるガーデン
Dscn1747

ホテルの前は奇麗なビーチ。月が浜です。ベランダからも、ちらっと見えます。
Dscn1765

地元住民からリゾート開発の反対がおきていて、ところどころに反対運動の看板がありました。
標準語を話すスタッフさんが多いので、ホテルの中に入ると、西表島というよりは、リゾート地。
西表島らしさを堪能したいなら、民宿に泊まる方がいいのかとも思いますが、ニラカナイは、どこもゆったりとしていて、本当にのんびり出来たので、私は大満足です!

つ・づ・く→クリックお願いします!!!人気blogランキングへ

|

2010.02.17

「やまねこマラソン」その3

第17回竹富町やまねこマラソンレポートその3です。

一度ホテルにもどり、恒例のやまねこマラソン主催の「ふれあいパーティー」へ向う。
やまねこマラソンはこのパーティーが目当てで参加する人もいるようです。

ここが会場のわいわいホール。

Dscn1754

屋台もいっぱい出て、お祭りモード。
ホールの中に入れきれず、外から覗きながら参加する人達も。

私はどうにか会場内の隙間に入り込み、スペースを確保した後に、
そばやビールの無料券と交換して、食料を調達して再び会場の中へ。

約2時間のイベントスタートです。

Dscn1756

中盤のメインイベントは特大のサバ二(船盛り)!!
フラッシュの嵐で、大物芸能人でも登場か!?というような異様な盛り上がり。

2隻が担がれて出て来ました。80万円!相当だとか!?

すごい勢いでみんなでサバ二のまわりに集まり、お箸を片手にお皿やビニール袋を手に持ち、刺身を確保している。

『わ〜行きそびれた!』
『一段落してから取りに行こう!』と思っていたら、あっというまに刺身の姿は無し。
赤いのは花です(笑)

Dscn1761

愕然としていたところ、前に座っていた方達からおすそわけを頂きました!!

このフレンドリーさが嬉しいですね。

抽選会も盛り上がっていましたね!航空券、宿泊券などもあり、本格的!!

イベント最中、指笛?の音がどこからも聞こえて来ます。
私も吹いてみたい!!と思って練習していたら、まわりの人達が寄ってたかって教えてくれる。

本当に沖縄ならではの雰囲気も味わえ、楽しい会でした。

つ・づ・く→→クリックお願いします!!!人気blogランキングへ


|

「やまねこマラソン」その2

第17回竹富町やまねこマラソンレポートその2
Dscn1735

スタート時間は12時50分。受付は11時20分までなので、ホテルを10時30分に出発。

なんといっても西表島。もちろんコンビニはありません。
マラソン前の食事をどうすればいいのか?? 
前日入りなので、生ものは持ち歩けないし。

当日スーパーに行こうと思っていましたが、時間的にあまり余裕がなく、行ってもおにぎりは売っていないかもしれない、、、。
ホテルの売店でウイダーはゲットしましたが、それだけではお腹が空いてしまう!!
小さいパンは持っていましたが、石垣島でもう少し買い出しをしておけばよかった!と後悔していたところ、
大会からのプレゼントにTシャツとさらにSoy Joyが!!ラッキー!

Dscn1729

島の参加者は家からおにぎりなどを持って来ていたようでしたが、旅行者はみんなどうされていたのかな?民宿泊まりの人は宿から支給されたのかな?
今後参加を考えている方(特に前日入りでホテル泊の方)は、昼スタートなので、
食事は島に入る前から準備されたほうがいいと思います!!

ここが控え室の体育館。参加者は全種目あわせて1500人なので人人人。
トイレの前はいつも長蛇の列が...


Dscn1722

さあ、それでは10キロスタートです。
今回は完走が目的なので、のんびりスタート。
気温は15度。先ほどの小雨も止みました!!
Dsc07432

町おこしの一環でもあるので、みんなニコニコとしていて親切!
カメラを持っていると「撮りましょうか?」と声をかけてくれたり。
途中では太鼓の応援をはじめ、島のみなさんの暖かい応援で元気づけられました。

Dsc07439

ようやく折り返し地点の5キロ。いつもならここでトレーニング終わり。という感じ。
今のはリハーサルで、これから本番!?

Dsc07443

最後はラストスパートをかけて気持ちよく完走しました!!
Dsc07444

でも、タイムは・・・・内緒!

途中でちょっと胃が痛くなったり、足の指がしびれたりしましたが、
完走しただけで、満足です!

初マラソン無事に終わってホッとしました。
さあ、夜はやまねこマラソン名物の「ふれあいパーティー」です。

つ・づ・く→→クリックお願いします!!!人気blogランキングへ

|

2010.02.16

初マラソン「やまねこマラソン」その1

といっても、10キロです。

それも「やまねこマラソン」第17回竹富町やまねこマラソン

場所は、西表島!!!  沖縄です!!!

なんで、そこに決めたかといいますと、制限時間が2時間。
これはかなりゆるいかんじ!?
そして女性のランナーが圧倒的に多い!!という情報を入手したからです。
初マラソンには打ってつけなんじゃないかと。

しかし、まず、普段、トレーナーやTシャツさえ着ない私が、スポーツをしている!ってことが
自分でも信じられません!!!

10キロなんて、スポーツをしている人だったら、トレーニング程度の距離だと思いますが、
バスに乗る時のダッシュしか、したことのないような私にとっては、イメージが出来ない遠い距離で、
かなりに苦労しました。

無理無理!と直前まで思いながらもトレーニングを続け、
さらに直前で喉を痛め、直前のトレーニングを断念。
やっぱり無理無理!!しかしコウセイブシツを飲みながら回復を待ちどうにか復活。

石垣島まで飛行機。そこから船に乗って前日入り。
Dscn1682

霧雨が降ったり止んだり。その中、コースを下見。
『雨が降ったら、普通は傘をさすでしょ(笑)濡れながら走るなんてしんじられない!
きっと学生時代に部活などをしていた人にとっては、雨の中でも走る!ことは抵抗のないことなんだろう....』とブツブツ思い、ヒーヒーいいながら軽くジョギング。
Img_0100

『お願い、雨よ!!やんでくれ!!!!』 と、願うばかり。

そして、当日を迎えました。

天気は「くもり時々雨」

Dscn1713

さぁ、会場入りです!
緊張が高まります

つ・づ・く・・・→クリックお願いします!→人気blogランキングへ


|

2010.02.11

養護学校でアウトリーチ

神奈川県立音楽堂のふれあいアウトリーチのシリーズで
鎌倉養護学校と金沢養護学校でコンサート&ワークショップを行って来ました。

「パーカッションがやってきた〜神田佳子さんの音楽特別授業」

今回は両校とも、前半が肢体不自由で後半が知的障害でした。

2人のアシスタント平野有希子さん、若鍋久美子さんとともに、入念なリハーサルを経て、
無事に終わりました!!本当にお疲れさまでした!!

このシリーズは、私なりに強いコンセプトを持って挑んでいます。

・譜面は使わない
音を出している瞬間の生徒の顔を見ながら演奏を行うため、
譜面を見ながら演奏をすると、そこでワンクッション入ってしまい、生徒との距離があいてしまうので、即興が中心です。

・どの音も大切に、生徒に伝わる音を出す
これは基本中の基本ですが、何度も同じ曲を演奏すると惰性的になってしまう部分が出てきますので、
マニュアル化した音楽をしないように、毎回違う演奏を心がけています。

・出来るだけ多くの生徒が楽器に触れて、我々と一緒に演奏をする
生徒の反応はいつも違いますし、一つの音を叩かせるのに時間がかかることもありますので、
いつも時間との勝負で頭がフル回転ですが、どうにか時間内に終えれるように臨機応変にやっています。

「いつも寝ている子が、今日の演奏中は目を見開いていた!」「いつもより高く手をあげる事ができた」「この子がこんなに積極的になるなんて!」等、先生が喜んでくださったりすると喜びも倍増します。

パワー全開で体当たりのこのシリーズですが、
打楽器の音がこの子達の人生を変えるきっかけになったら嬉しいですよね。

クリックお願いします!!!→人気blogランキングへ


|

2010.02.01

痛いのはイヤだよね。

最近は、鎌倉ラン(ほとんどウォーキングかな)&みなとみらいラン、そして日産スタジアムのトラック。

Img_0080
Img_0083

やっと続けてジョギングが出来るようになってきましたが、まだまだ素人で、楽しい!というレベルまで来ていません。

というのも、少しでもちょっと足が痛くなったりするとヒーヒー言っています。

ジョギングしていると、親指がしびれたり、手がしびれたり、筋肉痛になったり、
肩が痛くなったり、喉が痛くなったり。

どうにかなりませんか?と思った時に、
打楽器のレッスンで生徒が「もう4マレットって、指の皮が剥けて痛いです!!!」とか、
「コンガって手が痛くなりませんか?ほら、この手を見てください!!」などと言われたりすることを思い出しました。

「大丈夫大丈夫!そのうち慣れるから」などと軽い言葉で返したりしてしまいますが、、、

ジョギングの痛みも慣れですかね。。。
「痛いのはイヤなのですが。」

というと、生徒に同じことをいわれちゃいそう(笑)


ぜひクリックお願いします!!!→人気blogランキングへ

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »