« ドラムを叩く@北とぴあ さくらホール | トップページ | プログラム決定 »

2007.05.05

聲明公演のリハーサル

聲明ってご存知でしょうか?
聲明は旧字体なので、「声明」のほうが分かりやすいかな?

こういう時に、ウィキペディアは便利。
ウィキペディア→声明

聲明と共演するリハーサルに行ってきました。

どんな公演か?といいますと。。。

■音楽堂で聴く聲明 〈西行マンダラ〉

2007年5月19日( 土)
神奈川県立音楽堂
出演:聲明の会・千年の聲(こえ)
    天台聲明/海老原廣伸+七聲会
    真言聲明/新井弘順+迦陵頻伽(かりょうびんが)聲明研究会
    芝祐靖(龍笛)、宮田まゆみ(笙)、石川高(笙)
    草間路代(筝)、下野戸亜弓(筝)、鈴木真為(筝)神田佳子(打楽器)ほか
新作作曲:武智由香  
構成演出:田村博巳

詳細 神奈川県立音楽堂のホームページ

聲明や雅楽(笙)の音を聴くだけでも時間の感覚がかわります。
テンポ40ぐらいのノリ。いいですよ。

この公演は県立音楽堂の事業なので、リハーサルにもかかわらず芸術監督の一柳 慧先生もいらっしゃっていました。

「16日のタナカンダスペシャルのコンサート、楽しみにしているよ!」っというお言葉。
わ〜おぅ。
今回のタナカンダスペシャルのコンサートでは、一柳さんの作品をタナカンダでやるという珍しい試みを考えたわけなのですが、
ご本人がいらっしゃるのでは、ちゃんと譜面通りにやらなければ、、、。譜面通りにやる予定、、、にしておきます(笑)。

クリックおねがいします→人気blogランキング

|

« ドラムを叩く@北とぴあ さくらホール | トップページ | プログラム決定 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聲明公演のリハーサル:

» 犯行 [天気]
訴えを起こすとしている 政治 訴えを起こすとしている [続きを読む]

受信: 2007.05.07 08:32

« ドラムを叩く@北とぴあ さくらホール | トップページ | プログラム決定 »