« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006.09.25

現代に蘇るアマデウス「田中信正」

ピティナの会に出演したジャズピアニストの田中信正氏。
モーツァルトのピアノコンチェルト第21番K.467の第3楽章を見事に演奏した。
心地よく コロコロと弾むリズム。圧倒されるほどの勢い。
ちょっと暴走気味で、オーケストラがついてこれないか?と心配する場面もあったが、
一音一音がクリアに聞き取れる見事なタッチで、その音にオーケストラも負けじと食いついてくる。
こんなに生き生きとしたモーツァルトを聴けることはめったにないに違いない。
今日のお客さんは本当にラッキー。

見所はやはり「カデンツァ」。
リハーサルと本番はまったく違うものだったらしい。
というのも、前もって用意されたものではなく、彼のその場の即興である。
ジャズマンとしての独自の持ち味を生かしながらも、
この曲のモティーフが、緻密に計算されているかと思われるほど、見事にちりばめられていた。
これが即興で浮かぶとは天才的な感性の持ち主。モーツァルトも真っ青!?

〜きっとモーツァルトが現代に生きていたらこんな感じだったのかもしれない〜

ちょっとまじめにレポートしてみました!!
田中氏の天才ぶりが伝わりましたか?(笑)

本番前に
「カデンツァは5分ぐらいやってね!」とリクエストしてみたんだけど、本番は3分30秒。
でも、文句なし。本人はかなり緊張してみたいだけど、本当に素晴らしい演奏でした。
ぜひ、大ホールでフルオーケストラでの共演を聴いてみたい。
そんな機会があったら、カデンツァは5分やってね!!

クリックお願いします→blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.09.24

「田中信正のモーツァルト」と「Pマンワルモノオーディション」

明日9月24日、変わったイベントが2つ。

藤沢にて田中信正氏がモーツァルトのピアノコンチェルト第21番K.467の第3楽章を演奏!?

詳細
いったいカデンツァがどうなることやら。何分やることやら。 とにかく気になる。

実は田中氏と私は、同じピアノの先生に習っていました。
小灘裕子先生。その先生も出演。
これは行かねば!!!!!

それとはまるっきり違うイベント。
知り合いのカンダンナボンさんが、ビックサイトで行われる東京トイフェスティバルの
「Pマン ワルモノオーディション」に応募して、どうやら最終選考まで残ったらしい(入賞決定?)。

詳細

来場者投票によって行われる最終審査に参加しに行こうかな。。。

でも「モーツァルト」と「Pマン」の両方とも行けるかどうか。

クリックお願いします→blogランキング

| | トラックバック (0)

2006.09.23

カルカン

田中信正カルテルのライヴの中に「カルカン」というコーナーが
恒例になっています。

これは、カルタ君(大槻カルタ英宣(ドラム))と私(神田佳子(パーカッション))の即興デュオコーナ−ですが、
信くんが、勝手に「カルタとカンダ」で「カルカン」とよんでいるだけ。
ユニットは組んでいません。(今のところ(笑))

「カルカン」のやる曲は完全な即興。
打ち合わせなし。テーマもなし。テンポも設定なし。
時々「この楽器は使おうかな?」などと思ったりはしますが、その程度で、
16分音符はあたりまえ、時には32分音符の掛け合いもしてしまう。
速いアンサンブルだけではなく、面白い間になったり、楽しいグルーヴになったり。

恒例になっているので、どんなに凄いことをしても、出来て当たり前になってきているのですが、
改めてライヴの記録用録音を聞いたら、我ながらびっくりするぐらい、ピッタリとあっている。

私の叩きたいことがバレてる? or あなたの叩きたいことはバレてますよ!
音だけでの会話。ここまで来ると、こわいぐらいです。(笑)
20年来の仲間だから出来る技!?
タナカンダをやっているときにも感じるこの感覚。

今日、ライヴが終わった後に、20年前に聴いていた&弾いていた&叩いていた
曲を思い出しながら遊んでいました。帰る時間も忘れて。。。。
考えてみれば、影響されたものにあまりにも共通点が多い。
だから、リズム感も似てくるのか?

「カルカン」「タナカンダ」はどんな感じなのか?

言葉では説明できませんので、興味のある方は観に来てほしいですね。
今日ライヴが終わったばかりなので、ぜひ、次のライヴに来てください。
blogランキング

■田中信正KARTELL   (カルカンあり!?)
2006年10月10日(火)渋谷公園通り クラシックス
田中信正(P) 山田晃路(b)大槻カルタ英宣(ds)+ 神田佳子(perc)

■TANAKANADA『田中信正(p)×神田佳子(perc) 』
2006年10月7日(土)横濱ジャズプロムナード「関内ジャズイズ」

2006年 10月19日(木)「門前仲町 門仲天井ホール」くりくら音楽会 vol.1
         〜ピアノ大作戦 平成18年秋の陣〜 (複P祭)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

明日のライヴの譜面は?楽器は?

現代音楽などの本番は、準備から譜読み、リハーサル、とかなりの時間を費やすのに比べ、
田中信正カルテルなどのバンド(?)系の本番は、
新曲などがない場合は、当日リハというパターンが多いので、
前日に急にバタバタと譜面と楽器を探し始める。

いつもなら、「譜面、どこに置いたっけ?」と、酷いときは自宅と実家を行き来し、
半日かけて探したりしていましたが、
先日、TANAKANDAと一緒にカルテルも定位置を決めて整理したので、30秒で用意完了。

しかし、楽器が、、、、、
特に、スタンドがごちゃごちゃ。
今年の夏の目標「楽器整理」は全然駄目だった。。。

準備の続きは明日します。
明日は関内「KAMOME」です。

クリックお願いします→blogランキング

■田中信正KARTELL
2006年9月22日(金)関内カモメ 
 田中信正(P) 山田晃路(b)大槻カルタ英宣(ds)+ 神田佳子(per)

| | コメント (0)

2006.09.18

迷惑メール対策

こんにちは
おはようございます
お詫び
お久しぶりです
如何お過ごしでしょうか
ご無沙汰しております
お知らせ
よろしくお願いします
お元気でしょうか?
ありがとうございます
ご案内
失礼します

これらは、最近送られてきた迷惑メールの題名。

サーバーのスパム対策や、
メールソフトのルールなどを駆使しておりますが、
なかなか全然追いつかない。
「人妻」「出会い系サイト」「不倫関係」「Need software」
など、その他、沢山の言葉をスパムメール対策として、キーワードに登録してあります。 
  (なので、返信がおそいな。。と思ったときは、スパムメールとして処理されている可能性がありますので、
怪しい言葉は使わないでね(笑))

「こんにちは」「お久しぶり」などを削除キーワードにも出来ないし。
今後どこまでのキーワードを登録すればいいのか。

やはり、そろそろアドレスを変えるべきか。。。

クリック→blogランキング

|

ふれあいアウトリーチに向けて

県立音楽堂の事業「ふれあいアウトリーチ」の一環で、
ある養護学校で特別授業を行うことになりました。

先日その学校に打ち合わせに行きました。
この学校は小学校から高校までの生徒がいます。
先生に学校全体の案内もしていただきました。

一生懸命に陶器を作っている高校生たちや、
学芸会の練習をしている小学生たち。
中には、
同じ言葉をずっとしゃべり続けている子、
授業を抜け出しそうになる子、
私の目を見て「この人知らない!」という子も。

いろいろな子がいましたが、
普段、音楽の授業では、楽器をすごく楽しそうに演奏しているそうで、
手作り楽器などもあり、音楽の先生もかなり熱心でいろいろと工夫をされている様子。
しかし、楽器はいっぱいあるものの、メンテナンスが間に合っていないものが多い。
この楽器はもっと良い音がするはずなのに、、、。

予定ではいつも生徒が使っている学校の楽器を中心に、と
考えていましたが、
ちょっと頑張って、沢山の楽器を持っていく方針に変えました。

さて、この子たちの為に、私に何が出来るか?

何か心に響く音を。
生徒と一緒に味わえたらいいですね。
クリックお願いします→blogランキング

| | トラックバック (1)

2006.09.13

今は言えません!

大きな変化が、、、、

書きたいことがいっぱいあるのですが、今はまだ。。。
この話が上手くまとまれば、
詳細は後日お伝えできるかと思います。

ピーンと来た直感を信じて。
良い方向へ進みますように!!!!

クリック→blogランキング
Dcm72

| | トラックバック (0)

2006.09.08

R−09 ローランド

その場ですぐに録音が出来て、音質も良くて、編集も楽で。。。
現在はR−1を使っています。

しかし、

 最近、R−1よりもかなり小さいR−09が発売されてからは、
「いいかもしれない」と気になりつつも、R-1を使い始めて
まだ1年だし、、。

しかし、

トランペットの曽我部さんが持っているのを見て、
「これは買いだ!」と。

そして、とうとうゲット!

R-09

060907_231136

かなり小さい。
R-1と比べるとこんな感じ。 携帯電話より少し大きいかな?

060908_104641_ed

R-1はコンパクトフラッシュでしたが、R-09はSDカードです。
どちらもUSBが使えるのでMac接続には問題ありません。

R-09の製品情報はこちら

●メリット
小さい、軽い。
電池の持ちが倍。
より高音質で録れる。

●デメリット
文字盤が小さいので読みにくい。
(でも、はっきりは見えます。)

人気商品なのか、現在品薄のようです。
ちなみにヨドバシカメラで買いました。

自分の個人練習をはじめ、リハーサルやライヴでも、
重宝しそうです!!!

クリックお願いします→blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.07

洗足学園〜現代音楽奏法講座  

洗足の大学院の授業の一環で
昨年度に引き続き、今年も現代音楽奏法講座の授業を行ってまいりました。 

講師陣
曽我部清典(トランペット、司会)
中川俊郎(ピアノ)
神田佳子(打楽器)
溝入敬三(コントラバス)
松平敬(声)
060905_201231_2

それにしても、かなり濃いメンバーです。

他の講師たちの曲やトークが面白くて、
生徒以上に楽しんでしまったかも。

私は、川島素晴作曲「インヴェンション3」や、
自作のパーカッションソロの曲「CONGing」を演奏しました。

最後には、この凄いメンバー全員の参加曲として、
当日アレンジで、滝廉太郎の「花」をやったり。。。

松平さんのホーミー入りのオリジナル曲を聞いて、
また無性にホーミーがやりたくなった。
今日は朝からホーミーの練習!
あ〜リビングも防音しないとダメ!?
クリックお願いします→blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.06

田中信正カルテル@名古屋Lovely

カルテルの名古屋でのライヴです。
幼稚園から4年間、名古屋(上社)に住んでいたので、
東山線沿いは懐かしい場所ばかり。

Lovelyは名古屋テレビ塔のすぐ近く。
2日目のライブ前にテレビ塔の上に行きました。
そのギャラリーでゲットした洋服をそのままライヴ衣装にしちゃいました。

私はLovelyの出演は初めてでしたが、
のぶくんは、ドラムの森山威男さんのカルテットにも参加しているので、
かなり頻繁にこのライヴハウスには出演しているようです。
その森山さんがライヴ後に突然現れました。(近くでライヴがあったとか?)
森山さんは実は芸大打楽器の大先輩なのです。
芸大の懐かしい話なども伺うことができ、よい機会でした。

名古屋までたくさんの楽器を持っていきました。
ライヴ写真をいくつか。
Crw_4178

Crw_4174

Crw_4183

カルカン。カルタ君はいつもマイ扇風機を持参。強風にして遊ぶ!?。

Crw_4227

Lovelyの入り口で記念撮影!?

Crw_4279


Crw_4291

タナカンダでも写真を撮ろうと思いましたが、まともにポーズが作れず、、、
Crw_4299

クリックをお願いします!!!!→blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.01

TANAKANDA@稲毛Candy

Candyは2回目。こじんまりとしたスペースですが、とっても演奏しやすい。
ライヴがないときはジャズ喫茶として、Candyオリジナルの凄いスピーカーで
いつも良い音が鳴っているからかな?
生音だけでバランスをとるのは気持ちがいい。

今回は新しいアレンジもやることに。信くんアレンジのライムライト。
TANAKANDAは今、CD第2弾に向けてレパートリーを固めているところなのです!
さぁ、この曲もいれるかどうか。
それにしても、レパートリーは着実に増えてきている。。。
なので譜面もごちゃごちゃ。

そう、譜面の片付けは亀なみのペースでのんびりとやっております。

TANAKANDAの貫禄のある茶封筒からA4のファイルにバージョンアップ。
060831_193852_ed

060831_194044

きれいにすっきり収まった!?
TANAKANDAは、これからA4サイズに統一するぞ〜!


そして明日からは名古屋lovely  

■田中信正KARTELL
2006年9月1・2日(金・土)名古屋 ラブリー

 田中信正(P) 山田晃路(b)大槻カルタ英宣(ds)+ 神田佳子(per)
名古屋市東区東桜1−10−15 052−951−6085

同じく田中信正くんと一緒ですが、今度はカルテル。2daysです。
名古屋のみなさんよろしく!!!

クリックお願いします。→blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »