« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.26

神田佳子パーカッションライヴ@ZAIM

タナカンダの田中信正、パーカッショントリオ・ザ・バーズの佐々木啓恵を迎えてライヴを行いました。

リハ無し。曲目も始まる寸前に決まる。
のぶくんは本番の始まる時間に到着し、そして、電子ピアノ。
この状態でのライヴは結構珍しいかも!?

ひろえちゃんとは、2台ジャンベや、マリンバ、創作楽器、カエルの木魚の演奏等、
のぶくんとは、タナカンダのレパートリーから数曲。
今日は私がMCで、普段我々の音楽に接する事の無いお客さんも多かったので、
思わず、
「田中くんは、横浜ジャズプロムナードで初代グランプリをとった凄い人なのですよ!」
なんて言っちゃいました。

このイベントは、
ヨコハマEIZONE〜映像文化都市フェスティバル〜の一環で、
クリエイティブフェスタ横浜で行われているクリエイターズマーケット
にボンカンメディアワークスが参加しており、そのプロモーションをかねて行った
ライヴでした。
これを説明するのが難しく、ライヴ中でのMCでは、どもってしまったか?(笑)

この模様が
こちらに掲載されています。
ヨコハマEIZONE ブログ

ライヴ後はクリエイターズマーケットのハリーケンブースの方で来訪者とかえるの木魚で遊ぶ。
通りがかりの人を癒す「かえるくん」。この蒸暑い時期にぴったり。

いらしていただいた皆さんありがとうございました。
とっても楽しいひとときでした!
クリエイターズマーケットは30日までやっています。
27日と30日にまた2畳のブースでカエルを叩きに行く予定です。遊びに来て下さい!!
クリックお願いします→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.23

クリエイティブフェスタ横浜でライヴ

現在行われております第5回クリエイティブフェスタ横浜にて、私のCDをリリースしているBon-Kan Media Worksが出展中。そこで急遽、神田佳子パーカッションライブが行うことになりました。
本当に先程決まったばかり。ゲリラ的なライヴ!?。
それに、ゲストにTANAKNADAの田中信正氏と、パーカッショントリオ・ザ・バーズの佐々木啓恵氏
が駆けつけてくれることになり、こんな急に決まったとはいえ、素晴らしいメンバーが揃います。

「クリエイティブフェスタのカフェでのライヴに出演しない?」

「いいよ!」

このノリで快く引き受けてくれた2人。調整してくれて感謝!!!
この勢い、スピード感にワクワクしますね。

バーズの長谷川友紀氏にも声をかけましたが、調整つかず残念!!!

ということで、TANAKANDA&ミニBirdsをやります。
とてもお洒落なカフェです。是非お越しください。

神田佳子パーカッションライヴ
2006年7月24日(月)
15:00-
場所:ZAIM CAFE(神奈川県横浜市中区日本大通34)
出演:神田佳子(パーカッション)
ゲスト:田中信正(ピアノ)、佐々木啓恵(パーカッション)
■ 電車をご利用の場合
みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩2分
JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩5分
アクセスマップ
http://za-im.jp/CONTENTS/zaim5.html

クリエイターズマーケットにはBon-Kan Media Worksの会社ハリーケンのブースがあり、鎌倉のハリーケンアートスタジオ出張中。
バーズやタナカンダのポスター、映像、CD販売や、カエルの木魚、パーカッションツリーなどを販売しております。
 
私の大事なMacが故障中につき、会場の様子の画像等がアップできない!!!残念。。。

クリック→人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.22

MACが起動しない!!!

KAN 最新情報をお伝えします。

MACが起動しなくなってしまいました。
大事なデータは全部そのパソコンに入っています。
結構焦っています。

ブログの更新や、メールの返信が遅くなっているのも
そのせいです。

しかし、うんともすんともいわなかったMacが、
今朝起動したのです!でも
大事なデータはどれだ?と迷っているうちに
ちょっと時間が経ったらフリーズしてしまいました。

また一晩寝かせてから起動してみます。
どうにか動いてくれないかなぁ。。。。

それにしても、こういう時に、
バックアップをとっていなかったことに本当に後悔しています。
はぁ。

ライヴや、関内で行われているクリエイティヴフェスタの情報も
お伝えしたいのですが。
また、のちほど。

クリックお願いします!!!人気blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.18

バンドジャーナル8月号

吹奏楽の情報を中心とした月刊誌
「バンドジャーナル」に神田佳子のインタビュー記事が載りました。
白黒ですが、2ページ。写真も載っております。笑顔つき!(笑)
自宅スタジオでの取材でしたので、
無造作に棚にならんだカウベルたちも写っている。
いつもその棚に頭をぶつけてしまうので、
クッション材(剥がれかかっている!)やミニシェルチャイムを付けておりますが、
そこまでばっちり写ってしまっている。。。。(笑)

現在書店に並んでおります。ぜひご覧下さいませ!!!
クリックお願いします!blogランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.07.15

雪の女王東京公演始まります。

私が作曲、演奏と携わる舞台「雪の女王」が始まっています。
明日から世田谷パブリックシアター。

今年も産經新聞など、いろんなところに記事が載っています。

イタリア人の演出家:テレーサと
いろいろなジャンルから集まった役者たち。
舞台からテレビまでこなす役者や、
ダンサー、モデル....が集まっています。

雪の女王からハトまでこなす凄いダンサー森下真樹さん  
おもしろい記事をみつけました。

ゲルダ役はレミオロメンのPV『粉雪』にも出演した宮光真理子さん

カイ役のダンサー・振付家の楠原竜也さん 
こんにゃく座の豊島理恵さん
踊る大捜査線IIにも出演した原田修一さん
大女優の大方斐紗子さん 

篳篥の本橋文さん
作曲・打楽器の神田佳子

音楽は打楽器と篳篥のみ。
再演ですが、ところどころ演出の変更などがあり、それに伴い、
新たに作曲した部分などもあります。

演出、役者の動きは決まっていますが、毎回違うタイミング、テンポ。
空気感をよみながら演奏をしますので、
一時もステージから目も話せない。 台本も譜面も見れません。
1時間のステージを暗譜で集中して演奏。

頑張ります!

日によってはまだチケットがあるそうです。
見に来てください。
クリックお願いします→blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

キースエマーソンへの手紙3@STB

3年目の七夕ライブは元筋肉少女帯の三柴理さんがゲストで、
2台ピアノと打楽器という編成。
クロアキと三柴さん、2人ともパワー全開で、
それに私が加わると、オーケストラに匹敵するぐらいのボリューム(!?)。

ライヴ写真をいくつか。

難関な現代音楽の曲よりもバチの持ち替えが大変。
本番前に入念にチェック。

320_kuroaki20060707stb091

2台ピアノを見下ろす。
台の上は気持ちがいい!!

320_kuroaki20060707stb347

クロアキの髪型が。。。。リーゼント?

320_kuroaki20060707stb143

320_kuroaki20060707stb231

渋く凄い迫力の三柴さん。
上からみるとピアノが奇麗に見えました。

320_kuroaki20060707stb299

320_kuroaki20060707stb130

とにかく、すごいライヴになりました。
いらしていただいたみなさんありがとうございました!!!
クリックお願いします→blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.04

炎のリハーサル

今年最大級のイベント、七夕ライヴ「キースエマーソンへの手紙」と
世田谷パブリックシアター主催の舞台「雪の女王」のリハーサル中。

キースエマーソンの方は、
プログレにどうアプローチするか。
イタリア在住のクロアキこと黒田亜樹さんのテンションがものすごく高く、
さらに、今回ゲストの元筋肉少女帯のピアニスト三柴理さんのものすごいパワーも
加わり、炎のような勢い。

雪の女王の方は、
イタリア人の演出家で、ものすごくテンションが高い。
テンポも良く、子供に飽きさせない間を追求する。
雪の女王が戦うシーンなどは、1分近くの
パーカッションソロになる。
演出家も「この部分は炎のように」と。
まるで、七夕ライヴで行うトッカータのソロのよう。

まったく違う2つの公演なのに共通点が多い。

キーワードは
「イタリア」「ものすごくテンションが高い」「炎のように」です。

暑い夏を熱く盛り上がっております。

どうぞお楽しみに!!
blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »