« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006.04.30

タナカンダのリハーサル

タナカンダのピアノ:田中信正の新曲&新アレンジをリハーサルをしました。
リハーサルといっても
話している方が長いんですけどね。

半強制的に、その場で清書!?
生アレンジ中の「のぶくん」

060428_185010_ed

出来上がり!
ということで、
今度の新宿ピットインは
おなじみの私の曲に加え、のぶくんの新曲もあり。
お楽しみに!!!

クリック→blogランキング

■[TANAKANDA]田中信正(ピアノ)×神田佳子(パーカッション)

現代音楽的即興ジャズユニット!?
TANAKANDA
田中信正(ピアノ)×神田佳子(パーカッション)
2006年5月4日(木・祝日)
場所 新宿ピットイン

CD「TANAKANDA」発売中!

Bkmw0101_jacket72_300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.26

コブラ@渋谷LA MAMA

コブラでした。
今まで、そのジョンゾーンのコブラを演奏したことのある人達や観にいった人達から、いろいろな噂話を耳にしていましたので、
楽しみでしょうがありませんでした。

060423_143048

新緑部隊のメンバーは
わたし、神田佳子パーカッションの他、
北陽一郎 トランペット
近藤達郎キーボード
鈴木生子キーボードクラリネット
坪口昌恭 ピアノ、エフェクト
松前公高 シンセサイザー
水谷浩章ベース
やの雪  テルミン
渡辺明子トロンボーン
渡辺 亮 パーカッション
 DJ peakyターンテーブル

巻上公一プロンプター 
第一線で活躍している個性豊かな凄い人たちばかり。

リハと本番の間に時間が空いたので、
やすらぎのひととき!?をここで過ごす。

060423_171318_ed

そして本番。リハーサルと本番では大違い。コブラ通のメンバーの計画的犯行(ゲリラ)あり。
プロンプターの巻上公一さんのエネルギーもリハーサル以上に伝わってくる。
本番中に慣れてきて、気がついたころには終っていた。(笑)

終った後に、あぁすればよかったかなぁ。こうすれば...。と、いろんな思いが。。。
本番中にもっと思いつけばよかったのに、と後悔。
でも、貴重な体験でした。
新緑部隊のメンバーとしてお誘いいただいた巻上さんに感謝!
今回、十分に楽しむことができましたが、経験不足でやりたりていない部分もあるので、
ぜひ計画を練って、リベンジしたいですね。

クリックお願いします!→blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.04.22

「王のパヴァーヌ〜信長とイタリアルネサンス音楽」@京都

京都・イタリア文化会館主催のコンサート
「王のパヴァーヌ〜信長とイタリアルネサンス音楽」
に出演しました。
平尾雅子さんを中心としたメンバーで、場所は、京都のアルティ。
アルティには何回か行ったことがありましたが、出演したのは初めて。
最初に行ったのは、ダルムシュタットや秋吉台で大変お世話になった
打楽器の中村功さんのリサイタルの時だったかな。
何年前だろうか?懐かしいな。。。

ステージは広くて問題ない。
音的には、リュートのソロなどは美して泣けてきちゃう感じですが、(永田さんが素晴らしい!)
楽器の編成が大きくなると、ちょっと音の作り方は少し難しかったかな。

効果的に舞踏も加わり、動きがある面白い本番でした。
舞踏の樋口さんの衣装も素敵。
060420_205510_ed

今回の私のセットです。

060420_205654_ed

お客さんの中で思いがけない人に会いました。
久石譲さんのツアーで一緒だったチェロの佐藤くん。
今は京都市交響楽団のメンバーだそうです。

もう一人打ち上げの隣になった人。
お名刺をいただいて名前を見てびっくり。
すぐには思い出せなかったのですが、
ちょうど私が見に行った時のエレクトーンフェスティバルに出演されていた
森琢磨さん。
あの頃は大事にプログラムを保存し、何度も繰り返し読んでいたので、
文字で頭にインプットされていました。
お名刺を見た時、ご本人の前で、
「この字見たことあります!」と言ってしまいました。。。。
(大変失礼しました!)
私は高校に入ってすぐにエレクトーンをやめてしまいましたが、
それまではエレクトーンフェスティバルに燃えていましたし、
横浜センターの仲間が全国大会に出演していて、応援しにいったことも
ありました。

こんなサイトあるんですね。見つけちゃいました。
エレクトーンコンクール/エレクトーンフェスティバル
知っている名前だらけ。

芸大の3年の頃に、山之城直子さん(全国大会3回出場)とは、
横浜のエピキュラスホールで、一緒にデュオコンサートもやりましたね。
私は打楽器でしたが、今よりも楽器を並べて、ドラムセットも組んでやりました。
あの頃から楽器に囲まれるのが好きだったのですね。

懐かしいなぁ。。。。。
いろんなことを思い出しました。
どこでつながるかわからないので、人との出会いは面白い。
クリック→blogランキング

| | トラックバック (0)

2006.04.19

即興

今週は、イタリアルネサンスとジョンゾーンの本番。
なんだか、全然ちがうジャンルだけど、共通することがある。
それは「即興」。
即興といっても、両極端な組み合わせですが。
ルネサンスの音楽は、太鼓の譜面がなく、即興で効果的なリズムを足して行く。
ジョンゾーンのコブラは、ゲームの要素を取り入れた即興で繰り広げていく音楽。

ルネサンスの音楽は、上野学園とヴィオラ・ダ・ガンバの平尾さん邸でリハーサルを行う。
ジョンゾーンは、渋谷のラママで巻上公一さんの解説入りでリハーサルを行う。

ということで、今週は面白い日が続いています。
そして、明日が京都でルネサンスの本番。

これがチラシです。
「王のパヴァーヌ〜信長とイタリアルネサンス音楽」
Scan_641919724_1

「ジョンゾーンのコブラ」
Scan_6419191021_1

クリックおねがいします!!blogランキング

| | トラックバック (0)

かえるの木魚

ハリーケンアートスタジオのオープニングイベント期間の最終日は、
ほぼ一日中ギャラリーにいました。

Dsc02519_1

Dsc02521

「かえるの木魚」の評判がかなり良く、かなり売れました!!
いっぱい並んでいた棚が寂しくなり、ちょっと寂しい気もしますが。
自分のかわいい子たちの里親が見つかったような感じなのかな?
(大事にしてくださいね。)と見守りながら・・・
お客さんの中で、「かえるの木魚のワークショップがあれば、マイかえるを持参しますね!」なんて
言ってくださった方がいて、凄く嬉しい気持ちになりました!

またここにかえってきてね。。。

クリックお願いします!→blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.09

オーブニングイベント

ハリーケンアートギャラリーのオープニングイベントとして、
リズムワークショップ&ミニコンサートを行いました。


Img_5783_1

ギャラリーつきイベントスペースで、
ボンカンメディアワークスの試聴コーナーには、パーカッショントリオ・ザ・バーズと、
タナカンダのCDも並び、パソコンコーナーや100インチのスクリーンも設置され、
せきねゆきさん、 フラワーポケットさん、keicospeedさんの作品の他に、
高井泰子さんのふすまに書かれた大きな象に囲まれた不思議な空間です。

私の打楽器とゲストの西陽子さんの箏と20名のお客さんで、
スペースはいっぱいになりましたが、
満員の中、熱気あふれる感じで、お客さんもかぶりつき状態。
西さんの演奏も素晴らしく、リッチな空間だったと思います。
軽いトークを入れながらすすめ、かえるの木魚を使ってみんなでアンサンブルをしたりと
楽しい時間になりました。
軽食を食べながら、お客さんとお話をしたり、サインをしたりと、
コンサートホールでは得れない面白い感覚がありました。
Img_5796_1_1

今までにもイベント企画というのはありましたが、
会場づくりから関わった今回は、本当にちゃんと行われるまで、
心配でしたが、無事に終ってほっとしております。
多くの皆さんにご協力もいただき、感謝しても、しきれないぐらいです。
本当にありがとうございました。

今後もいろんなイベントを企画したいと思っておりますので、
よろしくおねがいします!!!

クリックお願いします。blogランキング

| | トラックバック (1)

2006.04.05

レクチャー&リズムワークショップ

横浜のオオハラホールで
音楽療法士を対象としたレクチャー&リズムワークショップを行いました。
かえるの木魚を十数個を含めた、皮、木、金属、の楽器を使用。
そして、叩く、振る、擦るというのをテーマにして、
即興で打楽器アンサンブルを楽しむ、という試みでした。

地元横浜でのレクチャーでしたので、準備に気がゆるんでしまったのか、
大事なスタンドを忘れてしまいました。(本番までには間に合いましたが。。。)
あ〜これはやってはいけないミス。。。。

3時間半、ほとんど休憩無し。
音楽療法士のみなさんは、やっぱり、普段から楽器を使用して、いろんな療法を行っているせいか、
ノリもよく、表現豊かに私の持ってきた打楽器を演奏している。
しかし、楽器を前にすると、どうしても力んでしまう人もいましたが。

力を抜いてね!
リラ〜ックス

いかに脱力して演奏することが出来るか。
これは打楽器をやる上(いや、音楽をやる上)での永遠のテーマでしょうね。
いや〜、でもみなさん本当に楽しそうに叩いている。
こちらも嬉しくなりますね。
最後の即興打楽器アンサンブルは録音を撮っておきたかったぐらい
素晴らしい出来でしたし、かなり有意義な時間になりました。

060402_153307_ed

060402_153558_ed

クリックお願いします!→blogランキング

| | トラックバック (1)

2006.04.03

プレオープン&花見

4月1日エープリルフールに数時間だけ、ハリーケンアートギャラリーのプレオープンを行いました。
商品の展示の一部をして、オープンに向けての内覧会のような感じ。

朝から、棚作り、照明レール、ピクチャーレールのとりつけ、家具移動など、
やることはいっぱい!!!

お手伝いの人手も加わり、5人での作業。
どうにか夕方のパーティーまで間に合うようにみんなで頑張りました。

現在このような感じです。
060401_194220_ed

060401_193122_ed

まだ整っていない部分もありますが、
ある程度、形になったところでいったん終了して、
桜のDVDを流しながら、プレオープン&花見パーティー開始。
100インチのスクリーンは迫力がありました。

060401_193225_ed

7日オープンで、私の関わっているリズムワークショップ&ミニコンサートは8日。
かなりこじんまりとしたスペースですが、これなら楽しく行えそうです!よかった!
みなさん来てくださいね!

申し込みはこちらまで。

電話 0467−45−0849(有限会社ハリーケン)
e-mail artstudio@hurryken.com

クリックお願いします!blogランキング

| | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »